Utbtrendまとめ!

気になる情報を調べてまとめています。自分自身のライフワークとしています。少し間違っていることもあるかもしれませんが、あくまでも個人でまとめているのでそこは大目に見てくださいね。

産後の悩み【赤ちゃんの夜泣きを無くす効果的な方法はないの】

   

夜中に突然響き渡る、赤ちゃんの夜泣き。

抱っこしてみたり、ミルクを飲ませてみたりと試行錯誤しながら色々試してみても、なかなか泣き止んでくれませんね。今回は、赤ちゃんの夜泣きの原因といつからいつまで夜泣きをするのか、効果的な対策についてまとめました。

赤ちゃんの夜泣き

夜泣きの原因は何は?

赤ちゃんの夜泣きの原因は、睡眠サイクルが狂っている事、刺激やストレスなどが原因の場合が多いです。昼に寝てしまったり夜なかなか寝なかったりことって多くありませんか。この睡眠サイクルの狂いを正さないと生活リズムがいつまでたっても整いません。ただし、赤ちゃんは自然にその生活リズムを身に付けられるのではなく、日常生活の中で覚えていきます。新生児期から赤ちゃんの睡眠サイクルを正しくし、刺激やストレスを減らすことで、夜泣きの頻度が減ったり時間が短くなります。

赤ちゃんの睡眠時間は?夜泣きはいつからいつまで?

夜泣きは早い子だと生後3カ月頃から始まりますが、1歳半頃にはおさまります。生後8ヶ月頃には多くの赤ちゃんが夜泣きをします、遅い子だと2歳になっても夜泣きをする子供もいますが、ほとんど夜泣きをしない赤ちゃんもいるなど、個人差がありますね。

  • 新生児(~生後1ヶ月)の睡眠時間:約18時間。まだ昼夜の区別がついておらず、お腹にいた時と同じリズムで、昼夜関係なく眠ったり起きたりを繰り返します。
  • 生後1~3ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間:約17時間。徐々に昼夜の区別がついてきて、朝は起きて夜は眠るという生活リズムになります。
  • 生後4~6ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間:約15時間。徐々に夜にまとめて寝るようになってきます。
  • 生後7~12ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間:約13時間。昼間は起きて、夜眠るというリズムができてきます。

赤ちゃんの夜泣きに効果的な対策とは

1.朝は同じ時間に起こしてあげましょう!

生活リズムを整えるには、まず朝起きる時間を小さいうちから決めていく必要があります。朝起こす時間は、午前6時~7時半くらいの間が一番良いと言われています。昼寝は午後1~3時頃までの間に、長くても1時間半。朝は遅くまで寝ていてくれたほうがママは楽ですが、お子さんのためにもママもお子さんも早起きを心がけて下さいね。夜寝る時間は、夜8時~9時半までが理想です。これが大幅にズレないようにママがリズムをつくっていってあげてください。

2.朝起きたら太陽の光を浴び、夜は早めに部屋を暗くしましょう!

明るくなったら起きて、暗くなったら眠るというリズムを体に覚えさせるため、朝起きたらまずカーテンを開けて太陽の光を浴びさせて、夜は眠りにつく2時間前までにはテレビを消し、部屋の中を徐々に暗くしましょう。日当たりが悪かったり遮光カーテンだったりで朝になっても日の光が入らないと赤ちゃんの体は「朝」を意識できません。また、昼間は電気をつけず太陽の光で生活し、お散歩に連れていってあげて、「昼」を意識させてあげたいですね。天気が悪くて外出しづらい日は、ベランダに出たり、窓をあけたりして外の空気を吸わせてあげるのがおすすめです。生後間もない赤ちゃんは、「朝」「昼」「夜」の区別がつかず、朝暗い目が覚めず、夜明るいと眠くならないのです。

3.赤ちゃんの体をあたためてあげましょう

昼間に体を冷やしたり、寝つくときに体が冷えていたりすると、よく夜泣きをしますね。特に下半身が冷えていると夜泣きをしやすいので、ズボンは長いものを履かせ、足を冷やさないようにしてあげましょう。夏場も冷房で体が冷えるので、寝ているときも気をつけてあげてください。また、昼間に水分を摂りすぎると、体が冷えて眠れないことがあります。母乳やミルクは温かいので問題ありませんが、お水やお茶、野菜ジュースなど水分を飲ませる時は常温であげるようにしましょう。子供の寝つきが悪い時は足の裏やふくらはぎ、太ももを手でさすって温めてあげたり、ハーブオイルでベビーマッサージしてあげたりするのもおすすめです。ただし、靴下はできるだけ履かせないようにしましょう。人間は足の裏で体温調節をしますが、いつも靴下を履いているとその感覚が鈍ってしまうからです。

この記事の関連情報

 - 産後の悩み