Utbtrendまとめ!

気になる情報を調べてまとめています。自分自身のライフワークとしています。少し間違っていることもあるかもしれませんが、あくまでも個人でまとめているのでそこは大目に見てくださいね。

いくら寝ても疲れが取れない原因はなぜ?

   

朝、すっきり起きれる人がいるのも事実です。

すっきり起きれる人と、起きれない人の違いには何があるのでしょうか。

いくら寝ても疲れが取れない原因について記事にしたいと思います。

朝起きた時、「疲れがとれている人」と「疲れが取れていない人」の違いは何?

いくら寝ても疲れが取れない

9月18日にTBSで放送された「この差って何ですか?」で興味のある放送をしていたので紹介させてもらいます。

疲れが取れている人と取れていない人の差は「寝る時の体勢」でした。

一番疲れがとれる体勢は「横向きの体勢」なのでした。

何故かというと、いくら寝ても疲れが取れない原因は「いびき」なのです。

寝ている時に首の「脂肪や筋肉が緩んでしまい、軌道が狭くなって、「いびき」をかいてしまいます。

しかし「横向き」で寝ると、気道が狭くならない為に「いびき」をかきづらくなるのです。

一番疲れが取れない体勢は「仰向けで寝る事」なのです。

「いびき」をかくときに肺にとても負担がかかります。

その負担は風船を何千回も膨らましているのと同じくらいの体力を消耗する位の負担です。その負担が原因でした。

横向きの体勢を維持しながら寝る為にはどうしたら良いのでしょうか?

寝返りをうたないようにする良い方法があります。

「ウエストポーチ」にテニスボールを入れて「横向き」で寝ると意外とよく寝れるようです。

横向きでも。「体の右側」を下にして寝るのがお勧めです。

理由は、胃の出口は右側にある為、消化を助け、身体への負担を軽減することができるからです。

目覚まし時計が原因で起きれない事もあります。

目覚めが悪くなる原因に「目覚まし時計」があります。

「目覚まし時計」を使うと音に驚かされて起きてしまいます。

その結果、神経が過敏に反応し、どんなに質の良い睡眠をとっていても台無しになってしまうのです。

一番良いのは「太陽の光によって自然に起きる事が理想です。最近では、光で起きられる「目覚まし時計」も売られています。

まとめ

いくら寝ても疲れが取れない原因は、夜寝る時の姿勢にある事がわかりました。

上を向いて寝てしまう事によって、気道が塞がれてしまい、息がしにくくなってしまうのが原因だったのですね。

解決方法としては、横向きに寝るのだとの紹介がありました。

横向きに寝る事によって、気道も確保される為、いびきをかかなくなるのですね。

イビキをかくと言う事は凄く体力を消耗するとの事です。

まずは寝る体制を横向きに変えてみる事によって睡眠の質を高めましょう。

 - 快眠と気持ちいい目覚め