Utbtrendまとめ!

気になる情報を調べてまとめています。自分自身のライフワークとしています。少し間違っていることもあるかもしれませんが、あくまでも個人でまとめているのでそこは大目に見てくださいね。

ニキビケアの為の洗顔石鹸の選び方

      2021/05/23

美肌、ニキビケアの為の洗顔石鹸の選び方のポイント

今まで、にきびのケアには洗顔石鹸の選び方が大事であり、その洗顔石鹸の選び方を間違えるとニキビの治り方が遅くなり、場合によっては悪化する事もあると言う事を書きました。

正しい洗顔石鹸の選び方のまとめをしてみたいと思います。

洗顔石鹸

自分の肌タイプをしっかり把握するしましょう

肌には、脂性肌、乾燥肌、混合肌のタイプがあります。そのタイプによって洗顔石鹸は選び分ける必要があります。

にきびのタイプ別に洗顔石鹸を選ぶ事が大事です

洗顔石鹸にどんな成分が入ってるか十分に把握しましょう

洗顔石鹸には色々な成分が入っています。極力自然に近い成分を選びましょう

洗顔石鹸にはどんな成分が含まれているかを十分把握する事

色々な洗顔石鹸を自分に合うのが見つかるまで施しましょう

通販であれば大体試してみて合わなければ返品できます。自分にあう洗顔石鹸を捜しましょう。
また、洗顔は継続して使う事が大事です。定期的に送ってくれるサービスを利用すると便利ですよ。

お勧め洗顔石鹸の情報はこちらから

ニキビケアにあった洗顔石鹸を選ぶ場合、自分の肌タイプにあった物を選びましょう

洗顔石鹸

ニキビケアの為の洗顔石鹸を選ぶ場合
自分の肌タイプにあった洗顔石鹸を選ぶ事が必要です。

自分の肌タイプをしっかり把握しましょう。

肌のタイプは大きく分けて3種類の肌タイプに分かれます。

・脂性肌
・乾燥肌
・混合肌

脂性肌・混合肌のタイプの人で、皮脂の分泌が順調もしくは、おおい方の石鹸の選び方
⇒パーム油や、リノール等が含まれているさっぱりとしてくれるタイプの石鹸を選択する事が大事です。

乾燥肌のタイプの人の世間の選び方
⇒オリーブオイルに含まれるオレイン酸を選びたくなるのですが、オレイン酸はニキビには向きません。
乾燥肌でニキビで悩んでいる方は、お肌の洗い過ぎは良くないのです。
クレイや炭など天然素材を配合し保湿能力の高いものを選びましょう。

ニキビケアにあった洗顔石鹸を選び方、どんな成分が入っているのか把握しましょう

洗顔石鹸の成分

にきびケアの為に洗顔石鹸を選ぶ場合、
当然、天然素材のお肌に優しいものを選びたいと考えるでしょう。

洗顔石鹸を選ぶ場合、洗顔石鹸にも色々含有成分が違っていたり
場合によっては肌に合わなくて後々トラブルになる場合もありますので
十分選択には注意して
特に含有成分には気を付けましょう。

世間にせよ、ニキビ専用石鹸にせよ

石鹸の主成分は下記に3点です。

・消炎作用を持つグリチルリチン酸ジカリウムを基本とする有効成分を含んだもの。
・美容成分
・添加物、香料

この中で添加物に何が含まれているかは十分に注意が必要です。
ハーブなど天然素材が含まいる場合は問題ありませんが
化学系の添加物は良くないので注意が必要です。

より自然なものを利用したいと思うのなら、添加物不使用、着色料や香料、酸化防止剤不使用を謳っているものを選ぶのがいいですね。

ニキビケアにあった洗顔石鹸を選び方、ニキビのタイプ別にあった物を選びましょう。

ニキビには、赤ニキビ、白ニキビ、黒ニキビの3種類のニキビがあります。にきびケアの洗顔石鹸についてもタイプに合わせて洗顔石鹸を選ぶ事が大事です。選択を間違えると逆効果になる場合もありますので注意が必要です。では、それぞれのニキビのタイプにあった洗顔石鹸選び方を説明しましょう。

ニキビのタイプ別洗顔石鹸の選び方

白ニキビ、黒ニキビの洗顔石鹸の選び方

⇒このタイプのニキビの場合、まだ症状は軽いと言えます。状況としては、毛穴に皮脂や汚れが溜まってる状況です。この状況ではそれを排出してあげる事が大事です。石鹸の選び方としては、泡の粒子が細かく毛穴の奥までしっかり届き洗い上げてくれるもの、つまり毛穴つまり皮脂の汚れをしっかり除去する洗浄能力の高いものを選ぶ事が大事です。

赤ニキビの洗顔石鹸の選び方

⇒このタイプのニキビは炎症を起こしています。炎症を抑えながら、ニキビの悪化の原因であるアクネ菌を除去し肌を清潔に保つことが必要です。抗菌作用、抗炎症作用のある洗顔石鹸を選びましょう

 - 美容