Utbtrendまとめ!

気になる情報を調べてまとめています。自分自身のライフワークとしています。少し間違っていることもあるかもしれませんが、あくまでも個人でまとめているのでそこは大目に見てくださいね。

産後のお腹のたるみの治し方

   

産後のママの悩みの中に、産後のお腹のタルミの悩みがあると思いますので、調べました。

産後にお腹がたるんでしまう原因は?

産後のお腹のたるみは、出産によって骨盤が開いたこと、皮膚がたるんだことが主な原因なんですって。妊娠した女性の体は、分娩時にはお腹から赤ちゃんを外に出すため自然に骨盤が開き、また通常の位置より下がります。産後もこの状態にしておくと、内臓が骨盤の中に落ちてお腹周りに脂肪がつきやすくなってしまうのですね。

また、妊娠中はお腹が大きくなることでお腹の皮膚や筋肉が伸びていますが、出産後には急激にしぼむので皮膚は当然たるんでしまいます。妊娠前は痩せていた方でも、妊娠中にある程度脂肪がお腹につくので、同じ現象が起きます。風船の原理と同じですね。

やはり、産後のお腹のたるみを解消するには、骨盤の開きを矯正することが一番の近道なんですね。

産後のたるんだお腹

お腹周りのたるみの改善はいつから?

本格的には産後1ヶ月~6ヶ月の間に開始するのがベストです。産後1ヶ月未満の時期は、経膣分娩でも帝王切開でも痛みや傷が残っていたり、子宮まわりの筋肉が伸びきっていたりと身体が出産の影響を受けており、回復しきっていません。この時期に無理をすると子宮や肛門などに悪影響を及ぼす恐れがありますので、まずは体力の回復を優先して運動は控え、骨盤矯正ベルトなどのグッズでケアしましょう。問題なのはあまり時間を採らない事です。産後6ヶ月を過ぎると骨盤や脂肪が固くなってしまうため、今度は効果が現れにくくなるんですって。

お腹まわりのたるみを引き締める方法は?

たるみの解消の為には、骨盤を引き締めましょう。骨盤矯正ベルトやガードルを利用して、無理なく骨盤を引き締めることから始めましょう。産後1ヶ月をすぎたころでも赤ちゃんのお世話に追われる産後ママにとっては時間の確保も難しいものです。この期間は、腹式呼吸を心がけることです。やり方は、鼻からゆっくり息を吸って数秒お腹にため、口から細くゆっくりと息を吐き出しましょう。腹筋が鍛えられて基礎代謝が上がります。

 - 産後の悩み