Utbtrendまとめ!

気になる情報を調べてまとめています。自分自身のライフワークとしています。少し間違っていることもあるかもしれませんが、あくまでも個人でまとめているのでそこは大目に見てくださいね。

にんにくパワーまとめ

   

にんにくパワー

にんにく基本情報

  • ヒガンバナ科ネギ属の多年草。
  • 香りが強く、強壮・スタミン増進作用があるとされている。
  • 中国が世界のニンニク生産量の8割をしめている。
  • 国産にんにくの8割は青森が締め、その中でも十和田市が最も多く生産し、次いで香川県の出荷が多い。
  • ニンニクのブランドとしては、青森県田子町が早くからブランド化に取り組んでいる。

にんにくの栄養学的要素

  • 糖質の分解を促すビタミンB1の効果を高めるアリシンを含んでいる。
  • ビタミンB6の含有量が非常に多い。
  • ビタミンB1を豊富に含む豚肉はニンニクと一緒に食べるとビタミンB1が吸収されやすくなると言われている。アリナミン剤はこの機能を利用している。

にんにくの強壮・強精作用

  • にんにくのアリシンはビタミンB1の吸収・保持を高め、加えてニンニクの無臭のスコルジニンには、強力な酸化還元作用がある。民間伝承では体組織を若返らせ、新陳代謝を盛んにし、疲労回復に役立ち、強壮・強精作用を有するとされる。
  • その反面、強壮・強精作用と臭いがインド起源の仏教界では「煩悩をかきたて修行の妨げになる」として「葷酒(くんしゅ)山門に入るを許さず」のように忌み嫌われている。
  • にんにくパワー(体力増強・疲労回復)に関してまとめた記事はこちらです。
  • にんにくパワー(精力アップ)に関してまとめた記事はこちらです。

にんにくで免疫力アップ

  • にんにくには体の免疫力をアップする効果があります。
  • にんにくに含まれるスルフィド類がウイルスを食べてくれる自然免疫。
  • ウイルスを攻撃する抗体を体内に作らせる獲得免疫。
  • 自然免疫と獲得免疫のニ方向から免疫力アップに貢献します。
  • ニンニクの風邪に対して効果的の記事はこちらから

にんにくの冷え性に対してのパワー

  • 冷え性は肩こりや腰痛、生理痛などの原因にまります。
  • これらの冷え性を改善するためには、栄養のバランスをしっかり摂り、体の内側から温めてあげる事が大切です。
  • この肥料に対してニンニクをエキスを摂る事は効果的です。
  • にんにくを食べる事は交感神経を刺激して末梢の血管を拡大させてくれます。
  • その結果、血液が全身に流れ、手や足の先から首まで温まります。
  • にんにくパワー(冷え性に効果的)に関してまとめた記事はこちらです。

にんにくの美肌作り効果

  • にんにくを食べた後に肌のスベスベ感を経験するのではないでしょうか。
  • その原因は、にんにくの成分が血液循環をよくしたためと考えられています。
  • 美肌の為には、たんぱく質食材をしっかり摂るのと、抗酸化成分を含む緑黄色野菜とともに、にんにくを食べるのがおすすめです。

にんにくのアンチエイジング効果

  • 私達の体はおよそ60兆もの細胞からできています。
  • その細胞の一つ一つが体内で発生する活性酸素によってダメージと与えられ、老化の原因となっています。
  • 一方、人間の体には抗酸化作用という能力も備わっています。
  • ニンニクの成分は、抗酸化ストレスを引き起こし毒性物質を感じ取るスイッチをオンとしまし、抗酸化作用を積極的に働かせ、老化防止にも効果があると考えられています。

にんにく臭の原因と対策

  • にんにくは。口臭、体臭などの強い悪臭の原因となります。
  • ニンニクのある細胞には、アリインという無臭の化合物が含まれ、別の細胞にはアリナーゼという酵素が含まれる。
  • ニンニクを切るとこれら細胞が壊れ、アリナーゼとアリインは細胞外に出てお互いに接触する。
  • アリナーゼの作用によりアリインはアリシンに変化する。そのアリシンがニンニクの独特な臭いのもとである。
  • アリシンは抗菌作用がある。
  • エジプト産のニンニクを品種改良をして、臭いが少ないと宣伝されている「無臭ニンニク」も流通しているが、ニンニク臭は口内に残った食べカスからだけではなく、体内に取り込まれて体臭の原因となる。

スポンサー

 - にんにくパワー