Utbtrendまとめ!

気になる情報を調べてまとめています。自分自身のライフワークとしています。少し間違っていることもあるかもしれませんが、あくまでも個人でまとめているのでそこは大目に見てくださいね。

みかんの健康パワー(抗酸化作用・骨の強化・冷え性改善)

      2021/04/04

寒くなるとみかんのおいしい時期になります。

このミカンには意外と知らない健康パワーが隠されています。

そんな健康パワーについて調べてみました。

みかん

ミカンの血管を老けさせないパワー

  • ミカンを食べることによって動脈硬化のリスクを減少させることができます。
  • ミカンの収穫量NO1の和歌山県は長寿県なのです
  • ミカンの果実に含まれているるベータ・クリストサンチンに秘密があります。
  • ベータ・クリプトサンチンはトマトに含まれるリコピンと同じ様に抗酸化作用があります。
  • 抗酸化作用によって、血管を柔らかく保つことができます。
  • その結果、脳梗塞、心筋梗塞、脳卒中などの動脈硬化による病気のリスクを減少させることができます。
  • この成分、βークリプトサンチンは同じ柑橘果物のオレンジに比べてミカンは15倍あります。
  • 冬にみかんを食べて吸収したベータ・クリプトサンチンは一年中血液中に残すことができます。
  • ベータ・クリプトサンチンは一日3㎎摂取するのが理想です。
  • ベータ・クリプトサンチンを一日3㎎摂取するには、一日3個のミカンを食べる必要があります。
  • 逆に、ミカンには糖分が多いので3個以上摂ると糖尿病のリスクが高まります。
  • 3個までであれば逆に糖尿病の改善にもなるというデータもあります。
  • 甘いミカンと酸っぱいミカンでは、甘いミカンの方が、ベータ・クリプトサンチンを豊富に含んでいます。
  • 甘いミカンと酸っぱいミカンの見分け方には2つの方法がある
  • ヘタの軸を確認して細い物を選ぶべし、太いものより細いものの方が甘い。その理由はミカンはヘタを通して水分が与えられるが、水分を多く与えられないとミカンは糖を多く作り出すという性質がある。
  • 甘いミカンを選ぶには、シワの多いミカンを選ぶべし。シワの多いみかんには多くの糖分が含まれている。
  • ミカンを箱外で購入する場合は、箱に「秀」と書かれているものを選ぶべし、「優」よりも糖度の高いミカンが集められている。
  • ミカンを食べるタイミングを間違えると損をする。
  • ミカンを食べるタイミングは食後がベスト。その理由は、ベータ・クリプトサンチンは脂溶性の物であるので、食事の脂に溶けるので吸収されやすくなり効果的。
  • ミカンを食べて手が黄色くなる現象をカンピ症と言うが、黄色になるのはベータ・クリプトサンチンが皮膚から見えている現象。ミカンを食べなくなると色は薄くなるので問題なし。

ミカンは骨粗しょう症を防ぎます

  • ミカンは骨を強くするための機能性表示食品。
  • ミカンは骨の健康を保つために役立ちます
  • 骨は、破壊を司る細胞と、再生を司る細胞により常に新陳代謝を繰り返しています。
  • しかし、加齢に伴い、再生を司る細胞が勢いを弱くし、細胞を司る細胞が勢いを強くします。
  • その結果、骨の中がスカスカになるような現象、「骨粗しょう症」を引き起こします。
  • ミカンの有効成分であるベータ・クリプトサンチンには、骨を破壊する細胞を防ぐ役割があり、骨が弱くなることを阻止してくれます。
  • ミカンの有効成分にはビタミンCが多く含まれていることはご存知の人も多いと思います。
  • ビタミンCには骨を司る細胞を強くする役割があります。
  • また、ミカンと同時にカルシウムを摂ることによって、骨を更に強くすることができます。
  • カルシウムを取るためには乳製品がお勧めです。
  • カルシウムには、骨の再生を司る細胞を応援する働きがあります。
  • ミカンと同時に乳製品などの様なカルシウムの多い食品を摂ることにより、骨粗しょう症などの骨の弱くなる病気を防ぐことができます。

ミカンは冷え性を改善します

  • ミカンのスジの部分を取り除くと損をします。
  • そのスジの部分には、冷え性を改善すための有効成分が含まれています。
  • 冷え性を改善する有効成分がポロフェノールの一つヘスペリジンです。
  • このヘスピリジンには、毛細血管を強くする働きがあります。
  • 毛細血管が強くなると血流がよくなります。
  • 血流が良くなる事により、体温が上昇します。
  • 冷え性が改善することによって、カゼなどがひきにくくなります。
  • その理由は、体温が一度下がると免疫力は30%悪くなると言われ、冷え性は健康にとって大敵であるからです。

ミカンの皮の成分が肥満を改善します

  • ミカンは皮にも大事な有効成分が含まれています。
  • その有効成分がリモネンです。
  • リモネンの役割としては、交感神経を刺激する作用があります。
  • 交感神経が活発になることにより、食欲が下がり、体温が上昇します。
  • 食欲が無くなり、体温が上昇することにより、肥満体質を改善することができます。
  • ミカンの皮の利用方法としては、ミカンの皮をお風呂に入れて入浴するのが一番効果的です。

ミカンの鮮度を保つ方法とは

  • ミカンの鮮度を保つためには、軸を逆さにして保存しましょう。
  • 軸を下に向けることで、水分の蒸発を少なくし鮮度を保つことができます。

セレクション

 - 健康管理・食品・サプリ