Utbtrendまとめ!

気になる情報を調べてまとめています。自分自身のライフワークとしています。少し間違っていることもあるかもしれませんが、あくまでも個人でまとめているのでそこは大目に見てくださいね。

就職活動中の人必見!危険な求人情報の見分け方

   

危険な求人情報の見分け方

求人情報は世の中にあふれています。

しかし、その求人情報の中には危険な会社も多いのも事実です。

ハローワークの求人を見ても、やばい求人募集は見ただけで分かります。いったいどんな求人情報がやばいのでしょうか?

こんな求人情報は危険!

会社が求める能力と求人条件が一致しない

こんな求人見たことありませんか。

「3ヶ国語話せて、通訳経験は数年あるかた急募 給与20万円」

こんな求人は絶対面接に行くだけムダですので応募しないようにしましょう。

その道のスペシャリストを新卒レベルの給料で募集している会社見かけませんか。

こんな会社は、本当は人を雇う余裕などないのですが、ありえないぐらい低い条件を設定しているので、採用する気は全くない会社です。

こんな会社が結構多いので注意しましょう。

年中大量採用をしている会社は危険

,ハローワークの求人情報や求人誌を見ていると、中小企業なのに年中大量に募集を出している会社が結構あります。

こんな会社は絶対応募してはいけません。

この様な企業は大体、ブラック企業の場合が多く、人は大量に採用するのですが、ブラック企業なので続かない可能性がかなり高い会社と思って間違いないです。

求人情報で社員が高級な腕時計をギラつかせている

求人誌を見ていると、その会社の社員が高級な車に乗っている写真を載せてみたり、高級な時計をギラつかせている求人広告を見たことありませんか。

こんな会社は、物凄くノルマがきつい可能性大です。気をつけましょう

アットフォームな事を主張している会社

うちの会社は「アットホームな職場です」と書いてある会社は危険な可能性大です。

ブラック企業は外面を気にします。その為、外部には「社員同士の仲のよい、アットフォームな職場です」とアピールする傾向が強いのです。

求人サイトに社員同士が仲良くする写真が写っていたら注意したほうが良いですよ。

また、家族経営の会社に新規に雇われた社員はゴミクズのみたいに扱われたり、それなのに「家族なんだから」とサービス残業を強要されることもしばしば

こんなアットホームと書いている会社は、新しく入社する人には本当にヤバイです。

高収入系の雑誌の求人

高収入系の求人専門の雑誌も危険です。

だいたい病気になって止めてしまう人が多いのが真実です。

一般的な仕事をしたいのであれば、普通の求人誌をみましょう。

「応相談」や「優遇」が多い求人広告

給与に関しては応相談。経験者優遇という会社は注意が必要です。

この様な会社には会社のルールがなく、何か相談すれば給与も、待遇もよくなりそうですが、ほぼ期待を裏切られます。

給与や条件に関しては、この様な経験があり、年齢がいくつの場合は、給与はこの金額と明確な会社に応募するのが納得するし安全です。その様な会社に応募することをお勧めします。

まとめ

なかなな自分の希望に合った求人を探すのは難しいものです。

しかし、求人情報も見分け方を知らないで面接にいってしまうと、断るのも難しくてブラック企業に就職してしまわないとも限りません。

いままで説明してきた内容が必ず正しいとは言えませんが、あくまでも参考にしてもらって、ハッピーな仕事についてくださいね。

 - 仕事探し(就職・転職)