Utbtrendまとめ!

気になる情報を調べてまとめています。自分自身のライフワークとしています。少し間違っていることもあるかもしれませんが、あくまでも個人でまとめているのでそこは大目に見てくださいね。

高脂血症まとめ

   

高脂血症

高脂血症とは

高脂血症とは、血液中に含まれる糖質が基準値より多くなりすぎる病気です。

血糖値の脂質にはコレステロールと中性脂肪があります。

コレステロールが多い症状を高コレステロール血症と言います。

中性脂肪の多いものを高中性脂肪症といいます。

これらを総称して高脂血症といいます。

高脂血症が引き金となる合併症

高脂

高脂血症になると、血中に余分なコレステロールが溜まり、そのコレステロールが血管に沈着して動脈硬化になりやすくなります。

動脈硬化が進行すると血管の弾力が失われ血管が細くなり、血液の流れが悪くなり血栓ができて血管が詰まるケースがあります。

また、血中に脂質が多いと言う事は、血液の粘度が高くなります、この状態が血液がドロドロの状態なのです。

血液がドロドロの状態であれば当然、血栓ができやすくなります。

このような合併症は糖尿病や高血圧症などの病気があったり、喫煙や肥満などの要素が加わる事によって危険度が高まります。

コレステロールについて

コレステロールの役割

総コレステロール

血中のコレステロールの値。この値が高くなると動脈硬化をきたすようになる。

しかし、血中コレステロールが少なければ良いと言う訳でもありません。

コレステロールは副腎皮質ホルモンや性ホルモン、細部膜、胆汁酸などの材料にもなるため少なくとも問題となります。

LDLコレステロール

LDLコレステロールは、余分にあると血管壁に溜まる為、動脈硬化を促進させることから悪玉コレステロールと呼ばれます。

HDLコレステロール

HDLコレステロールは、主に血液中にある余分なコレステロールを回収する働きがあり、善玉コレステロールと呼ばれます。

総コレステロールが低くても安心はできません。

このHDLコレステロールが低いと悪玉コレステロールを回収する力が少なくなってしまうので、動脈硬化を促進してしまいます。

中性脂肪について

中性脂肪

中性脂肪はエネルギーとして使用されます。

消費されなかった中性脂肪のあまりは皮下脂肪や内臓脂肪として体に蓄えられます。

体にぷよぷよに溜まった贅肉の大部分は「中性脂肪」と言われる脂肪なのです。

何かと悪者にされがちな中性脂肪ですが、実は人間が生きていくためになくてはならない役割も果たしているのです。

  • エネルギー源貯蔵庫としての役割
  • 断熱材としての役割
  • クッション材としての役割

しかし、血中に中性脂肪が増えすぎると、血管壁に脂肪が付着してしまい動脈硬化を促進する原因となります。

中性脂肪を減らすためにはプヨプヨに溜まった贅肉を減らすことが一番なのです。

高脂血症のサインを見逃さない

家族や家系に高脂血症の人がいる

高脂血症には遺伝的な要素もあります。親や兄弟に高脂血症の人がいる場合には注意が必要です。

糖尿病の場合

糖尿病の人はコレステロールや中性脂肪が高くなりやすいため高脂血症の危険性が高いです。

上まぶたに脂肪の塊ができた場合

高コレステロールが長期間続くと上まぶたの内側に黄色い脂肪の塊ができる場合があります。

アキレス腱が太くなってきた場合

コレステロールが高いと、アキレス腱に沈着する様です。足首が以前よりも太くなってきたなと感じたら注意が必要です。

高脂質症を運動で治す

減量する事が高脂血症の対策の根本です。

高脂質症の人は基本的に肥満の人が多いので、肥満を解決するだけでコレステロールが下がります。

減量するためには運動特にウォーキングや軽い運動、自転車こぎなどが効果的です。

また、肥満の度合いが高くてひざ関節に不安のあるひとは水泳や水中ウォーキングが効果的です。

減量するためには運動を習慣としましょう。

ウォーキング

高脂質症を日常生活で治す

高コレステロールの改善や中性脂肪の改善を見直すためには、日頃の生活習慣を治すことによって効果的な事もあります。

喫煙を実行しましょう

タバコには悪玉コレステロールのLDLコレステロールを増やす働きがあり、善玉コレステロールのHDLコレステロールを減らす働きがあります。

コレステロール値を下げるためには禁煙するのが効果的です。

適量飲酒が禁酒をしましょう

適量の飲酒にはコレステロールを下げる効果がありますが、中性脂肪の多い人には逆効果になってしますので、飲酒には注意が必要です。

ストレスの解消に努める事

ストレスを貯めすぎるとコレステロール値が確実があがります。ストレスの解消は大事な事です。

肥満に注意しましょう

肥満はコレステロールや中性脂肪両方の増加につながります。したがって標準体重を維持する事が大事です。

高脂質症を食事で治す

高脂質症に人はコレステロールと動物性脂肪を控える事が大事です。

特に肉類のようにコレステロールに加えて飽和脂肪酸を多く含む食品は血中のコレステロールを上げやすいため控えめにしましょう。

以下の様な食品は高脂質症の人にはお勧めですので、積極的に摂って下さいね。

青魚

魚介類

大豆・大豆製品

タマネギ

ゴボウ

にんにく

いも類

緑茶

高脂質症の人にお勧めのサプリメント

高脂質症とは、血液中に含まれる脂質が基準値よりも多くなりすぎる病気です。

これらの血液中の脂質の改善の為には、以下の成分が含まれているサプリメントを摂取するのが効果的です。

自分に一番効果的なサプリメントを見つけ出して高脂質症の改善に役立てるようにしましょう。

DHA/EPA

イソフラボン

エリタデニン

アリシン

にんにく

アリシンはにんにくやタマネギの臭いの成分です。

この臭いの成分が、肝臓での脂肪代謝を高めてくれ、脂肪燃焼をアップしてくれます。

また、この臭いの刺激によってアドレナリンの分泌を促進し、脂肪分解酵素リパーゼが活性化されて脂肪を燃焼してくれます。

糖質代謝に必要なビタミンB1の吸収維持を高め、血液の循環をよくし糖質代謝も促進してくれます。

一日の摂取目標量は特にありません。

アリシンには腸内にすむ悪玉菌の作用を抑える働きや、腸の蠕(ぜん)動運動を促す作用があり、便を排泄(せつ)しやすくして便秘を予防します。

また抗酸化作用によって悪玉コレステロールを減らす作用があります。

アリシンの詳しい情報はこちらに書いてます。

カテキン

カテキンは高脂質症に効果的

緑茶のカテキンにはコレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。

一日の摂取量の目安は1g(お茶10杯)です。

お茶に含まれるカテキンにはビタミンEの20倍の抗酸化作用があります。

お茶で髪をリンスすると、頭皮から分泌される脂肪分が酸化するのを防ぐので、フケ止めや抜け毛帽子にもなります。

カテキンに関しての更に詳しい情報はこちらを読んでくださいね。

高脂質症まとめ

私も人間ドックに行くと必ず、痩せなさいと言われます。

理由はコレステロール値と中性脂肪が高いからです。

単なる肥満なのだから気にしなくてもいいやと思っていると大変な事になるよ!とドクターに言われます。

でも、運動も食事制限もつらいし。

食事で摂取できない、高脂質症に効果的な栄養成分はサプリメントで摂る事にします。

スポンサー

 - 血糖値・中性脂肪・コレステロール