Utbtrendまとめ!

気になる情報を調べてまとめています。自分自身のライフワークとしています。少し間違っていることもあるかもしれませんが、あくまでも個人でまとめているのでそこは大目に見てくださいね。

高麗人参は更年期障害に効果的

   

女性に40代から50代に起こる更年期障害。

この更年期障害に高麗人参は効果的なのでしょうか?

更年期障害に高麗人参は効果的か

更年期障害とは

更年期障害とは、女性の閉経によってホルモンバランスが乱れることによって起こる身体の不調や症状の事をいいます。

ホルモンは身体の調子を整えるためにとても重要な働きをしています。

閉経が近づくにつれて卵胞が作られなくなります。その結果、生理不順が起こり、女性ホルモンの一つであるエストロゲンが作られなくなります。

その状態になると脳が身体の変化について行けず「女性ホルモンのエストロゲンが足りない」と勘違いしてしまい、自律神経が乱れ、ホルモンバランスが乱れます。

これが、更年期障害の原因です。

閉経が数年たつと、身体やホルモンバランスの変化に慣れてきて、脳の勘違いも収まり、女性ホルモンの少ない状態にも身体が慣れてきます。

そうすると更年期障害もだんだんと落ち着いてきます。

更年期障害の症状としては、ホットフラッシュやのぼせ、多汗、精神的なイライラ、うつなど様々な症状を引き起こします。

高麗人参はなぜ、更年期障害に効果的なのか

高麗人参の有効成分であるサポニンには自律神経の乱れを調整し、正常な状態に戻す働きがあります。

他の更年期障害に効果的な成分として大豆イソフラボンに含まれるエクオールが有名ですが、それぞれ更年期障害へのアプローチの仕方には違いがあります。

まず、大豆イソフラボンに含まれるエクオールですが、更年期で減少した女性ホルモンと似た働きをします。

更年期には女性ホルモンが急激に減少するのですが、減少する女性ホルモンを補うことによって、更年期障害を緩和しようと言うアプローチ方法です。

一方、高麗人参に含まれる有効成分サボニン(ジンセノサイド)には、自律神経を押さえる効果があります。

女性ホルモンの現象により乱れた自律神経を調整するのがサポニンの働きであり、既に起こっている自律神経の乱れからくる症状を緩和させるというアプローチ方法をとっています。

大豆イソフラボンは更年期障害の症状が起きないように予防するアプローチ方法をとり、高麗人参のサポニンは今ある症状を緩和させる役割があります。

大豆イソフラボンと高麗人参のサボニン、どちらが効果を発揮するのでしょうか?

一般的には、大豆イソフラボンは次の様な症状に効果的だといわれています。

  • ホットフラッシュ
  • のぼせ・ほてり
  • 多汗
  • ままい

高麗人参のサポニンについては次の様な症状に効果的だといわれています。

  • ホットフラッシュ
  • 精神的イライラ
  • 不眠など
  • 冷え・むくみ

両者を比べると、身体的な症状に強いのが「エクオール」、精神的な症状に強いのが「サポニン」ではないかと言われています。

しかし、両者とも女性ホルモンの減少からくる自律神経の乱れを調整するという点では同じですので、どちらも有効と言えるのではないでしょうか。

 - 高麗人参