Utbtrendまとめ!

気になる情報を調べてまとめています。自分自身のライフワークとしています。少し間違っていることもあるかもしれませんが、あくまでも個人でまとめているのでそこは大目に見てくださいね。

乾燥肌対策の為の化粧品選び

   

肌の保湿に効果的なセラミドとは

セラミドとは、肌表面で外界から肌を守ってくれる肌のバリア機能を持っています。肌表面の角質層に存在します。

セラミドは水の溶けない不溶性を持っています、その為肌表面の水分の保持と肌の保護の為には理想的なのです。

乾燥肌対策の化粧品選び

ヒアルロン酸とセラミドの使い分けは

ヒアルロン酸、セラミドどちらが保湿には効果的なのという意見があると思いますが、どちらも効果的なんです。

ヒアルロン酸とセラミドは存在する場所が違います。

皮膚は外側から表皮、真皮、皮下組織と分かれますが、ヒアルロン酸は真皮に存在し、セラミドは表皮の中の角質層に存在します。

セラミドは細胞間脂質の一つであり、細胞間脂質の50%はセラミドです。細胞間脂質の役割としては、水分を蓄えて肌を保護するとともに、細胞間を隙間なく埋める事で外部からの刺激をシャットアウトする役割があります。

肌のセラミドは20歳を超えたころから徐々に減り始め、40歳前後で50%、70歳前後で30%という形で減少していきます。

ヒアルロン酸は40代中盤まではほぼ100%をキープしていますが40歳後半から急激に減少し60歳前後では50%、70歳台中盤で20%と急激に減ってきます。当然、肌の水分が失われハリがなくなりシワが増えてきます。その為にはヒアルロン酸、セラミドを年齢に合わせた形で補充できれば理想的ですね。

セラミドは角質層で、ヒアルロン酸は真皮でそれぞれ大切な保湿の役割を担っている

でも例えば40歳中盤までであればヒアルロン酸は十分にあるのでセラミドが多く配合されている化粧品を選択するなどすると化粧品も正しいものを選択で来るのではないでしょうか。

スポンサー

 - 美容