Utbtrendまとめ!

気になる情報を調べてまとめています。自分自身のライフワークとしています。少し間違っていることもあるかもしれませんが、あくまでも個人でまとめているのでそこは大目に見てくださいね。

冷え性になる原因まとめ

   

冷え性を改善する方法

冷え性を治すためには冷え性になる原因について知る事が大事です。

冷え性になる原因をまとめてみたいと思います

女性の半数以上が冷え性です

女性の過半数は冷え性

冷え性は女性に多い症状です。

個人差はありますが、女性の半数から7割近い人が冷えをつらいと感じています。

女性に冷え性が多い理由は、女性は男性に比べると、熱を作り出す筋肉が少なく、皮膚の表面温度が低く、貧血や低血圧の人が多いことがその理由として考えられます。

また、月経の影響などで、腹部の血流が滞りやすいといったのも、女性に冷え性が多い理由と考えられます。

冷え性と低体温の違い

冷え性と低体温症

一般的に低体温とは体温を測って36℃未満の事をいいます。

冷え性は「体温が何度以下」という定義はありません。

普通の人が寒さを感じない温度でも、全身や手足、下半身の一部や全身が冷えて辛い症状を「冷え性」といいます。

夏場でも冷え性になります

夏場の冷え性

冷え性は冬だけの症状ではありません、意外と夏でも冷え性になる人は多いのです。

夏場に冷え性になる原因は以下の様な点です。

  • 外の暑さで汗をかき、冷房がきいた室内で冷やされ、汗が乾くときにも熱が奪われて冷え性の原因となってしまうパターン
  • 冷えたビールをガンガン飲んで冷え性になるパターン。
  • 暑いからと浴槽に入らずシャワーだけですませるといった夏の習慣も冷え性の原因に

男性でも、高齢者でも冷え性になります

男性の冷え性

冷え性は女性だけではなく男性でも冷え性になります。男性の約一割の人は冷え性と言われています。

男性は冷え性になる原因にはこの様なケースが考えられます。

  • 運動不足による筋肉の減少
  • ストレス過多
  • 生活習慣病による動脈硬化などが原因

高齢者では動脈硬化が進み、血行が悪化した結果として冷え性が起こることも多いと言われています。

冷え性と体温調整メカニズムの関係

カラダの体温調整

人間は生命活動を維持するために大切な働きをしている酸素の働きは,37℃で最も高まります。

人間はもともと体温が大きく変わる動物ではなく、気温が変化しても体温を一定に保とうとする「恒温動物」なのです。

私たちのカラダは、血液の流れる量を変化させたり、汗をかいたりすることで、体温を一定に保つように調整されています。

そこで、私たち人間は、内臓のある体の中心部を常に保つために、環境の変化に応じるために体温を調整するのです。

暑い時はその情報が脳の自律神経の中核である「視床下部」に伝えられ、ここから体温を一定に保つよう指令が出されます。

すると、手足の末端の皮膚表面近くにある血管を広げて、血流の流れる量を増やすことで外気に向けて熱を逃がそうとします。

すなわち、汗を出すことで熱を逃がして体温を調整します。

寒い時にも、その情報が脳の自律神経の中核である「視床下部」に伝えられ、ここから体温を一定に保つよう指令が出されるのです。

すると、手足の末端の皮膚表面などの血管を収縮させて熱の拡散を防ぎます。

そうして、心臓や肝臓などの重要な臓器があつまる体の中心部に血液を集めて、体温を維持します。

そのため血液が行き渡りにくくなった手先や足先は、温度が下がり、冷えが発生します。

冷え性の原因

冬場にある程度手足や足先が冷えるのは仕方がない事ですが、外の気温が寒くなくても、手や足の先端が温まりにくく、慢性的に冷えているよな状態を冷え性と言います。

夏なのにからだが冷えている、あるいはからだが冷たいと感じている症状などもそうです。

からだの中から冷えるため、少しからだを動かしたくらいでは、なかなか温まらないのです。

冷え症は、本来はたらくべき体温調節機能がうまく機能していない状態であり、主な原因として、以下の様な事が考えられます。

自律神経の乱れ

ストレスや生活が不規則だと、体温調整の命令を出す自律神経がうまく機能しなくなります。

室内の空調が効いている状況だと、室内外の温度差が激しくなるため、自律神経の機能が乱れます。その結果として夏でも冷え性になります。

皮膚感覚の乱れ

きつい下着や靴などでからだを締めつけたりすると血行が滞ります。

その結果「寒い」と感じる皮膚感覚が麻痺することがあります。

そのため体温調節の指令が伝わりにくくなってしまいます。

血液循環の悪化

低血圧や貧血などの疾患がある人は、血流が怠りがちになり冷え性になりやすくなります。

筋肉量が少ない

筋肉量の少ない女性
Woman Pinching Arm

女性は男性に比べて筋肉が少ないため、筋肉運動による発熱や血流量が少なくなり、冷え症になりやすくなります。

また、女性だけではなく、運動不足の人は男性でも総じて筋肉量が少ないため、冷え性になりやすくなります。

女性ホルモンの乱れ

ストレスが多かったり、更年期になったりすると、女性の心身をコントロールする女性ホルモンの分泌が乱れます。その結果、血行の悪化などを促進され冷え性になりやすくなります。

まとめ

以上の様に冷え性になる原因をまとめてました。

まず、冷え性になる原因をしっかり理解する事は冷え性対策を考える前提条件ですので、よく理解しましょう。

Disney (ディズニープラス)

新品価格
¥0から
(2021/5/8 11:22時点)

 - 冷え性の悩み