Utbtrendまとめ!

気になる情報を調べてまとめています。自分自身のライフワークとしています。少し間違っていることもあるかもしれませんが、あくまでも個人でまとめているのでそこは大目に見てくださいね。

外資系企業で出世するためには英語力は必須なのか

   

昨日、テレビを見ていたら、最近の東大生は、国家公務員になって高級官僚になる道を選ぶよりも外資系企業を選ぶ傾向にあるようです。

それだけ今は、国家公務員や日本の優良企業に進むよりも、マッキンゼーやIBMなどの外資系企業を選ぶ学生が多いのではないでしょうか。

私も、昔、外資系企業で働いていましたが、外資系企業で出世するためには、英語力が絶対に必要です。

逆にいうと英語力があれば、仕事はそこそこでも出世できるのです。

その理由を説明します。

外資系企業の出世のための条件

外資系企業は英語力がすべてです

私も外資系のIT企業に勤めていました。

その中で仕事ができなくても出世した人も見ていますし、仕事ができても出世街道に乗らなかった人も多く見てきました。

その違いは何なのか、ずばり英語力だけです。

外資系企業での英語力の重要性は本当に実感しました。

わたしも、もう少し英語、特に会話ができれば良かったと本当に後悔しています。

外資系企業で英語力が全ての理由

日本語が通じない外国人上司

日本の商社でも英語力は必要です。

なぜならば、海外の人と商取引を行う場合に、英語が使えなければ取引自身が困難になるからです。

しかし、外資系企業での英語力の必要性は、日本の商社で英語が話せる事の必要性とは少し質が違います。

その理由は上司が外国人からなのです。

私が仕事をしていた企業は、本社がアメリカ本土にあるコンピューター業界ではガリバーといわれる企業です。

当然、日本法人の社長もアメリカ人、役員もアメリカ人、本部長クラスもアメリカ人

彼達は一時的に日本にいるだけで、いずれは本国に帰る予定ですので、基本的に日本語は覚えません。

部下である日本人が英語を話せて当たり前だと思っているのです。

なので、いくら仕事ができたり学歴が高くても、英語でコミュニケーション取れない日本人は仲間と認められないのです。

私は外資系企業の中で英語が堪能、ほぼネイティブの人だけが上司に認められ出世していくのを見てきました。

いくら東大、慶応、早稲田出身でも、英語が使えなくて出世街道を外れてきた人も見ていました。

それだけ外資系企業で英語力が大事なのです。

外資系企業のアジアを管轄する拠点は日本でなくなってきている

少し前までは、外資系企業のアジアを統括する拠点は日本が当たり前でした。

しかし、最近の傾向では日本ではなく、香港なりシンガポールに中心拠点を移す傾向にあるのです。

その理由は、日本のビジネスパーソンがあまりにも英語力が弱いからなのです。

上司の立場から考えてみてください。

自分とコミュニケーションをうまくとれない人間と話したいと思いますか。

その人との間で通訳をしてくれる英語の堪能な人が、上司に重宝されるのは当然のことではないでしょうか。

日本の学校教育でならってきた英語では????

日本人は受験英語で英語を中学のときから何年も習ってきているのですが、本当に喋れるレベルの英語ではありません。

その理由は、日本語の文法と英語の文法の違いにもあると思います。

日本語の文法で、言葉を構成して英語にしようとすると頭が拒否するからです。

英語を学ぶためには、外国人と会話をして慣れるしかありません。

外資系の企業を目指している人はとにかく英語力をなんとかしてください。

必ず後悔しますよ

スポンサーリンク)

Disney (ディズニープラス)

新品価格
¥0から
(2021/5/8 11:22時点)

 - 仕事探し(就職・転職)