Utbtrendまとめ!

気になる情報を調べてまとめています。自分自身のライフワークとしています。少し間違っていることもあるかもしれませんが、あくまでも個人でまとめているのでそこは大目に見てくださいね。

格安ドックフードにはみんなの知らない裏事情

   

世の中不景気になり、多くの家庭が経済的に圧迫されている状態でなると、少しでも犬にかかる費用を減らしたくなりますよね。

例えば、犬のシャンプーの回数を減らしてみたり、、犬のドッグフードは出来るだけ格安に‥など。

犬に負担をかけさせていく家が増えているのがだんだん増えてくるのは当然だと思います。

ドックフードの裏事情

格安ドックフードって正直、愛犬の健康にとってどうなのでしょうか

健康に良いわけがありません。

実は数年前に、ペットフード安全法が施行されましたが、多くの飼い主はこの事実を知りません

その法律と言うのは、国がドッグフードに基準を設けて、それを満たせないものは販売させないという法律です。

成分表示などもきちんと行うように指導されているんです。

ペットフード安全法が施行されるまでのドッグフードというのは、かなりいい加減でした

極端な例だと、保健所等で殺処分された犬や猫の骨や肉、内臓を細かく砕いてペットフードに混ぜられていたくらいです。

これは人が人骨粉を食べてるようなものですよ

当然、原材料に「犬」や「猫」なんて書いていません。

けれど、そんな状態でも健康被害を訴える消費者はいませんでしたので、ペットフードはいい加減に造られていました。

ペットフード安全法が施行されて本当に安心

国の基準は設けられましたが、実は規制対象は有害物質のみだったのです。

そのため、先程述べた殺処分された犬や猫の肉骨粉は対象外なのです。

牛骨粉が一時期問題になりましたが、可愛いペットも同じ状況だったのです。

『動物性脂肪』『動物性油脂』と原材料に記載されているフードは、主に肉骨粉から造られているのですが、それは牛や鶏である場合もあるし、犬や猫である場合もあるのです。恐ろしい話です。

有害物質ではないので、健康被害が出ないからです。

例え病気で安楽死をされた犬の肉骨が使われていても、それで健康被害が出るかどうかの証明は出来ません。

劣悪なドッグフードを食べさせないようにしなければ

格安のドッグフードにはそれなりの理由があります。

原価が安いのかもしれません。

でも、何故原価が安いのでしょうか?

その理由はこれまでに話しを参考にしてください。

かといって、高価格なドッグフードが絶対安心というわけでもありませんし、日本人が大好きな「海外製は大丈夫!」も、そもそもアメリカのペットフードメーカーが原因でこうなったのですから意味がありませんよね。

正しいドックフォードの見分け方

まず原材料のチェックは必須ですが、ドッグフードのパンフレットなどに《検査結果が公表されているかどうか》にも注目してください。

無ければインターネットで調べてみてください。

それでも無い場合は直接問い合わせましょう。

問い合わせた際、渋るようなメーカーであれば要注意です。

法律によって公表しなければならない情報を公表出来ないのですから、問題外ですよね。

安心てあげられるドックフードを選んであげてくださいね。

スポンサー

 - ペット情報