Utbtrendまとめ!

気になる情報を調べてまとめています。自分自身のライフワークとしています。少し間違っていることもあるかもしれませんが、あくまでも個人でまとめているのでそこは大目に見てくださいね。

猫に与えてはいけない食べ物

      2020/01/19

猫に与えてはいけない食べ物

可愛い猫を見ていると美味しいものを食べさせてあげたいと思うのは私だけでしょうか。

でも、猫に与えては絶対ダメな食べ物があるらしいのです。

間違えてあげてしまうと大変なことのなるらしいのです。

ついつい、自分の食べているものをあげてしまいがちなのですが、どんな食べ物が猫にとっては危険なのか、この際徹底的に調べてみたいと思います。

ネギは絶対ダメです

ネコにねぎは絶対だめ

猫に絶対与えてはいけないのがネギらしいです。

ネギは長ネギだけではなく、ネギ類全体がダメなので、たまねぎ、にら、にんにくなどは全てダメなのですって。

ネギは人間には美味しい食べものなのですが、猫にとっては毒物らしいです。

ネギを猫が食べてしまうと、中毒をひきおこして、貧血、下痢、血尿がでることもあるんですって。最悪の場合、命を落とす危険もあるので絶対与えないようにしましょう。

ついつい、猫マンマとして、お味噌汁の残り物をご飯にかけてあげてしまいそうですが、大変ことになりそうですね。

たまねぎは加熱したから大丈夫とついつい与えてしまいそうですが、加熱しても毒性は消えないらしいです。自分の食べているおかずを少しながらと与えてしまいそうですが、これも、タマネギが混入されていると大変なことになるらしいので、自分の食べているものは危険なのでペットフードだけを上げようと思います。

でも、どら猫を見てても何でも食べそうなんだけど、猫は繊細なのですね。

確かにイエネコは15年くらい生きるのに、どら猫は4~5年しか生きられないということですからね納得します。

チョコレートも猫には危険

チョコレート、カカオ類も猫には危険な食べ物のようです。カカオに含まれるテオプロシンという物質がべ湖には毒のようです。

チョコレートを食べてしまうと、下痢や嘔吐の原因となり、最悪の場合命を落としてしまうようですよ。

その他お菓子類を与えるのも止めましょう。どうしてもあげたいのであれば、猫用のおやつをあげるようにした方が良いらしいです。

ぶどうやレーズンもダメ

ぶどうやレーズンも猫が食べては生けない食べ物です。

嘔吐、下痢、腎機能障害になる恐れがあるとの事です。猫には絶対に与えないようにしましょう。

アボカド

アボカドは人間には問題ないのですが、猫に与えたらいけない食物の一つです。症状としては下痢や嘔吐を起こすとの事です。胃、腸の炎症を起こして最悪の場合、命を落とす恐れもあるので絶対に与えないようにしましょう。

カフェイン

コーヒーやお茶も与えてしまいそうですが、カフェインは猫にとっては強力な興奮作用があるので、体調を崩してしまうそうなのでカフェインのある物も注意しましょう。

イカやタコ

イカやタコの酵素チアノーゼという物が猫のビタミンB1を分解してしまうため、ビタミンB1欠乏症を発症してしまうと言われています。加熱すれば良いとも言われますが、イカやタコは消化に悪いので、もし与えるとしても十分に気をつけましょう。

生の魚介類全般

生魚を猫が食べていけないのは以外ですが、これもダメらしいです。

その中でもアワビは最悪です。かわいい猫の耳がボロボロになってしまうそうです。ピロフェオフォルバイドという物質が毒素らしいですが、光線過敏症という皮膚病になってしまうらしいので、絶対に与えないようにしましょう。

生の豚肉

豚肉は人間にとっても生だと危険なのですが、生の豚肉にはトキソプラズマという寄生虫がいます。この寄生虫は、十分に加熱しないと死にません。十分に加熱するように気をつけて与えてくださいね。

猫のとって危険な食べ物まとめ

上記にあげた食べ物は、猫に与えてはいけない食べ物のほんの一部です。

猫はデリケートですので、ドックフードも猫に与えると消化不良になってしまうと言われています。

人間の食べるものは猫にも美味しいのではないかとあげたくなりますが、実は猫は甘さを感じることは出来ないようです。

意外と人間の食べ物を美味しく感じることは出来ないようですね。

猫の喜ぶ食べ物はキャットフードが一番のようですね。

キャットフードで猫の喜ぶものを選んであげるのが一番ですね。

スポンサー

 - ペット情報