Utbtrendまとめ!

気になる情報を調べてまとめています。自分自身のライフワークとしています。少し間違っていることもあるかもしれませんが、あくまでも個人でまとめているのでそこは大目に見てくださいね。

腸内環境の良し悪しが身体全体の健康状態に影響

   

腸内環境の良し悪しが全身の健康状態と関係します。

腸内環境を良くしましょう

全身の健康をつかさどるのは「腸」なのです。腸が全身に与える影響はすごく大きいのです腸の働きについておさらししておきましょう

  • 栄養分を消化吸収して、全身へ運んでくれる
  • 体に必要なビタミン類を新たに生み出してくれる
  • 体中の免疫細胞の70%が腸に集まっている

腸の働きは毎日を送る上で必要不可欠な物ばかりです。腸内環境が整っている時は、お腹の中も快調で便秘にも下痢にもならないし、疲れやダルさもなく、肌もツヤツヤですが、腸内環境が乱れると体調を崩しやすくなったり、ニキビやシミが増えたりとトラブルが続出してきます。

腸内環境の悪化がどんな症状を招くのでしょうか?

酒さ・赤ら顔

カサカサ、ヒリヒリ、ちょっとした刺激で赤くなる。原因も治療方法も今はよくわかっていませんが、最近の研究で、腸内環境の改善がカギを握る事が分かってきました。

乾燥肌

おおくの女性が悩み、お肌の乾燥。化粧品などの外部からの保湿だけでは効果が無い時もあります。そんな時には腸内環境を整える内側からのケアがお勧めです。

シミ

日焼け止め対策しても、次から次に現れてくるシミ対策には、化粧品などでメラニンの生成を抑える事も大事ですが、新しく作らない事は大切です。

ニキビ

思春期ニキビと大人ニキビは別物です。大人ニキビの場合は腸内に溜まった腐敗物が肌へ悪影響を与えた結果だと言われています。体の内側からの根本ケアが必要です。

アトピー性皮膚炎

食事や生活環境などアレルギーにより引きおこ荒れるアトピー。近年では大人にも増え続けています。最近の研究で、乳酸菌を摂る事で症状が抑えられることが分かってきています。

便秘

便秘をそのままにしておくという事は「炎天下のもとで、生ごみを放置しているようなもの」です。腸内環境がどんどん損なわれて、体中の不調に繋がる場合もあります。

その他にも

免疫力低下、メタボリックシンドローム、花粉症、高血圧、大腸がんと腸内環境が影響する症状はたくさんあります。

腸内環境を整えるためにはどうすればいいのでしょうか

腸内には100兆個以上の細菌がいます。

腸の中には善玉菌や悪玉菌など多くの菌がひしめき合っています。そのひしめき合っている様子がお花畑にみえるので、腸内細菌の集まりの事を「腸内フローラ」とも呼んでいます。この腸内フローラのバランスが、毎日の健康・美容に影響を与えているのです。

腸内フローラの中には、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類が見られます。

善玉菌

乳酸菌やビフィズス菌が善玉菌の一種です。善玉菌の働きとしては、病原菌が腸内に侵入するのを防いだり、腸内を酸性に保って悪玉菌の増殖を防いで、人の体を健やかに保ってくれます。ビフィズス菌、乳酸菌、腸球菌など

悪玉菌

腸内のタンパク質を腐敗させて有害物質を作り出すなど、生活習慣病や老化の原因を作りだします。腸内環境が乱れていると言う事は、腸内で善玉菌の割合が減り、悪玉菌が優勢になっている事なのです。

ウェルシュ菌、ブドウ球菌、大腸菌など

日和見菌

悪玉菌が腸内に占める割合はたったの10%、善玉菌の全体の20%程しか存在しません、実は腸内細菌の大部分は日和見菌が占めているのです。

この日和見菌は腸内で勢力の優勢な方に味方すると言う性質があります。

などで腸内環境を整えるためには、善玉菌を常に優勢に保っておくことが必要なのです。

レンサ球菌、バクテロイデス菌など

善玉菌を優勢に保つためにはどうしたらよいのでしょうか?

腸内に存在する善玉菌は全体の20%、この割合を維持するのは簡単と思われている方。決して簡単ではありませんよ。善玉菌は年齢とともに減少していくのです。例えば、赤ちゃんの腸内細菌の99%がビフィズス菌で占められているのに対して、成人では10%、60&以上ではなんと1%以下になってしまうのです。いつもでも「健康でいたい」「美しくありたい」と願うのなら、積極的に乳酸菌、ビフィズス菌を増やす努力をしましょう。

高たんぱく、高脂肪の食事は避けましょう

たんぱく質や脂肪は悪玉菌のえさとなります。低タンパク質、低脂肪、高食物繊維の食生活を心がけましょう。

特に食物繊維、オリゴ糖は善玉菌のエサになるので積極的に摂るようにしましょう。

ストレスをためない

ストレスをためると自律神経が乱れます。その結果、大腸のぜん動運動が鈍くなり悪玉菌が活性化しやすい環境が出来てしまいます。自律神経のバランスを整えるには、朝一杯の水と一日3食の食事をしっかりとりましょう。

乳酸菌が含まれている食品を多くとりましょう

善玉菌が足りていないのであれば、食事で補ってあげる事が一番ですが、食事で補えない部分はサプリメントで補うようにしまyそう。

腸内環境を整えるようなお茶もお勧めです

おすすめはキャンデト茶です。もともと便秘解消茶、ダイエット茶として販売されているお茶なのですが、腸の中の不要な物を即効で排出してくれます。ただし飲み方に気を付けないと下痢になるかもしれませんけどね。いちど参考にしてみてください。

スポンサー

 - 腸活