Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

野菜不足を補うオススメ提案

      2019/08/03

野菜不足を補う方法

はじめに

野菜を採らないと健康に良くないといわれます。

確かに現代人の私たちは、どちらかと言うと肉食中心。

野菜が不足しいる生活を行っているのは理解できます。

でも、実際に野菜が不足すると、どんな点が健康に悪いのでしょうか。

また、健康に悪いのであれば、簡単に摂取する方法はないのでしょうか。

そのあたりを記事にしたいと思います。

野菜不足で起こる症状

実際に野菜が不足すると体にどのような症状を与えるのでしょうか?

便秘・下痢などの体調不良

便秘・下痢などの症状が慢性的に続くようであれば、腸内環境がかなり悪化している可能性があります。

人間の大腸には500~1000種類、100兆個もの腸内細菌が存在しています。

この腸内環境の最近は大別すると「善玉菌」「日和見菌」「悪玉菌」に分類されるのですが、腸内環境が悪化すると悪玉菌は増え。日和見菌も悪玉菌の味方につき、便秘や下痢の体調になってしまいます。

便秘や下痢を回避するためには、腸内環境をよくして善玉菌優位の環境にしてあげればよいのですが、その強い見方が野菜なのです。

野菜に含まれる食物繊維、また、たまねぎやアスパラガス、ニンニク、ごぼうなどに含まれるオリゴ糖も便秘改善に役立つと言われます。

腸内環境を良好に保つためにも、十分な野菜を採ることは大事なことなのです。

にきび・湿疹などの肌荒れ

肌は腸の環境を映し出す鏡といわれています。

腸内環境が悪くなると、ニキビや湿疹などの肌荒れを起こす原因となりのです。

野菜不足の人の腸内環境は、悪玉菌優位の環境ですので日和見菌も悪玉菌の加担をし、腸内環境はどんどん悪くなっています。

また、野菜に含まれているビタミンが不足すると、血行不良になったり、肌のターンオーバーのサイクルが悪くなりお肌が荒れてきます。

かぼちゃやアボカドに含まれるビタミンE、モロヘイヤやにんじん、しそに含まれるビタミンA、ピーマンやブロッコリー、パセリに含まれるビタミンCは抗酸化力が強く、ビタミンACE(エース)と呼ばれます。

ビタミンACEを豊富に含む野菜を食べることで、肌質改善につながります。

イライラ、だるさ、疲れなどの長引く倦怠感

ビタミンが不足すると体の疲れやすくなり、ちょっとしたことでイライラしてしまうことがあります。

ビタミンと一言にいっても、13種類もあり、それぞれ異なった働きをしており、単独で働くのではなく、他の栄養素との組み合わせでその力を発揮しています。

ビタミンは、代謝やエネルギーを生み出すのに欠かせない栄養素でありまSす。不足してしまうとエネルギー源となる糖質や脂質、たんぱく質が体内にあってもうまく機能してくれません。そうした機能不全から、体を動かすエネルギーが足りなくなり「疲れ」を感じるようになるのです。

特に、ビタミンB群は疲労回復や神経の働きを正常に保つのに役立つと言われています。

忙しく、食生活が乱れがちな現代人は、ビタミンが欠乏しやすい傾向にあるので注意が必要です。

ビタミン豊富な野菜の重要性は常に意識しておきましょう。

カゼが引きにくくなる

野菜が不足してくると風邪などの症状にかかりやすくなります。

その原因は免疫力の低下です。

野菜の中には免疫力を高めてくれる有効成分が豊富に含まれていま。

その有効成分には、ビタミンやミネラルなのですが、このビタミン、ミネラルには抗酸化作用があるので、体の中に蓄積されがちな活性酸素を除去してくれ免疫力をアップしてくれるのです。

日本人の野菜不足の深刻化

野菜はとらないといけないとはわかっているのですが、実際にどのくらいの野菜を取る必要があるのでしょうか。

厚生労働省の指針によりと一日350gの野菜を取る必要があると指摘されています

この量は具体的には、毎食一皿以上、一日5皿の野菜を取る必要があるのです。

一日に必要な野菜の量

日本人の多くは野菜不足を感じており、意識して野菜を採っているとの意識調査もありますが、実際には野菜を十分に取りきれておらず、野菜不足に陥っている日本人が圧倒的に多いようです。

野菜の栄養素を簡単にとる方法

では、野菜の栄養を簡単に手軽に豊富に摂取する方法はないのでしょうか。

ここからは、野菜の栄養素を簡単に摂取する方法を提案したいと思います。

常備菜を作っておきましょう

野菜を毎日の食事に野菜を取り入れるのは結構大変です。

週末に常備菜を作っておいていつでも簡単に野菜がとれるようにしておくことを提案します。

冷凍野菜や乾燥野菜もいくつか用意しておくと、買い物に行く時間がないときにとっても便利です。

常備菜の作り置き

ジュースやスムージーで、野菜の栄養素を採る方法

野菜をしっかり取り入れているつもりでも案外、大事な栄養素が野菜を煮込んだり加熱することで失われていることが多いのです。

そんな時にお勧めなのが野菜ジュースやスムージーを取り入れて、大事な栄養素を取り入れることです。

野菜ジュースやスムージーはバランス良く栄養素を吸収できることができるのでお勧めです。

しかし、市販の野菜ジュースは口当たりをよくするために砂糖や塩を多く含んでいるタイプが多いので飲みすぎには注意をして成分表も確認することが大事です。

おすすめスムージーの口コミ情報はこちらへ

青汁で野菜の栄養素を採る方法

野菜の栄養素を採るための一番効率の良い方法として青汁で野菜の栄養素を採ることをお勧めします。

青汁というと苦くて飲みにくいとのイメージが強いと思いますが、最近ではその青汁も大きく変わって九手います。

若い女性たちの間で流行しいるのが、フルーツの栄養素もとりいれたフルーツ青汁です。

フルーツ青汁を使ってダイエットを目指している人もいます。

太る原因の大きな要因は栄養バランスが崩れていることなので、フルーツ青汁を飲むことで栄養のバランスを整えて太りにくい体質を作るのと、一食、フルーツ青汁に食事を置き換えて全体的にカロリーを少なくするというのが目的なのです。

野菜不足を補う方法として、青汁またはフルーツ青汁を飲まれることを提案します。

フルーツ青汁に関しての口コミ情報は、こちらのページでまとめています

酵素ドリンクで野菜の栄養素をとる方法

酵素ドリンクは、一般的にはダイエットをする人によく利用されているドリンクですが、野菜不足の解消のためにも人気があるアイテムです。

酵素ドリンクの有効成分には野菜を栄養素をギュッと凝縮した成分が含まれていいるのです。

ビタミン、ミネラルも十分に含まれているので、毎日の食事の時に酵素ドリンクを取り入れ野菜の栄養不足を解消すのもお勧めです。

体内の酵素を増やすことで、代謝も良くなるので、現代人が陥りやすい肥満からも脱皮できます。

酵素ドリンクの口コミ情報はこちらから

まとめ

野菜は現代の日本人はどうしても不足しがちなのです。

自分では豊富の採っているつもりでも厚生労働省が推奨する一日350gの野菜を摂取するのは大変困難なことなのです。

しかし、野菜を量をあまり取らずに効率的にバランス良く取ることも簡単になってきています。

一番簡単な方法は野菜ジュースで代替することなのですが、市販のジュースを取りすぎると塩分や糖分の取りすぎになってしまいます。

その他の方法としては、青汁です。

青汁は野菜不足を解決するための救世主なのですが、なにせ苦くて飲みにくい。

そんな難点を克服してくれるのが「フルーツ青汁」です。

青汁なのに美味しく飲めるのです。

現代人の野菜不足を補う方法として「フルーツ青汁」をお勧めします。

フルーツ青汁の口コミ情報はこちらから

 - 健康管理・食品・サプリ