今話題のトレンドまとめ!

今話題のトレンドをはじめ色々な情報をまとめて行きたいと思います

和牛ブランド「米沢牛」まとめ

   

今回は、和牛に関してのブランドとして有名な米沢牛についてまとめてみたいと思います

米沢牛

米沢牛とは?

日本の三大和牛の中の一つですね。

他の三大和牛は松坂牛と神戸牛です。

米沢牛には30ヶ月以上の長い期間、時間をかけて飼育されている牛が多く、米沢牛の赤身には十分な脂身が浸透していて、香りのある肉質が特徴です。

米沢牛の脂は上質で、香りがあり溶け出す温度は低いので、とろけるような食感を感じられます。口に入れた習慣にふわっと消えてしまうのが特徴です。

お寿司など生でも美味しくいただけるのが特徴ですよ。

米沢牛の定義とは

米沢牛のブランド条件としては、山形県置賜地方三市五町(米沢市、南陽市、長井市、高畠町、川西町、飯豊町、白鷹町、小国町)において育てられ、なおかつ品種が黒毛和牛の去勢された雄牛、もしくは出産経験のない雌牛で、生後32ヶ月以上であり枝肉の品質格付けが3等級以上の牛となります。

米沢牛の故郷とは

米沢牛のふるさと置賜(おきたま)地方は山形県の南部に位置し、四方を朝日、飯豊、吾妻、奥羽の山々に囲まれた置賜盆地にあります。

雪に覆われる極寒の冬と湿気高い熱い夏、自然の恵み豊かな環境があり、米沢牛が美味しく育つ条件が整っています。

米沢牛の生産のこだわり

米沢牛は、ふすま、トウモロコシ、大豆などの原料に独自の飼料を配合して育てられたおいしい安全な牛肉を確かな生産ルートで市場に流通させています。

米沢牛が他の和牛と違うポイントは、米沢地区は気候的にも、質の高い牛肉を育てるには最適な場所であり、小牛から2年で立派な成牛に育てることができますし、飯豊山等四方の山々から流れ出る湧き水がやがて置賜盆地を潤し、豊かな土壌をつくりだしこの土地で牛が育つことによって、おいしい肉質の牛ができあがります。

なによりも生産者の愛情を一頭一頭が受けて育ち、健康管理を受けているのが美味しさの秘密です。

米沢牛の歴史

米沢牛の歴史の始まり

上杉鷹山が藩校を開港し、その名を「興譲館」としたのですが、その藩校に明治四年から八年までの間に教鞭をとっていたチャールス・ヘンリー・ダラス氏が、故郷を懐かしんで四つ足の動物は食べないとされた米沢の地で、牛肉を食べたのが食用としての米沢牛のはじまりです。

その味わいにいたく感動したダラス氏は、任期を終え、米沢をはなれる際に一頭の牛を横浜へ連れていきました。

彼の友人たちは、その牛肉の旨さを口々にほめそやし、それがいつからか「米沢牛」が全国に広がるきっかけとなったのでした。

米沢牛まとめ

三大和牛の一つである米沢牛、関東から上の方では、松坂牛、神戸牛よりも有名なのではないでしょうか。

今回は米沢牛についてまとめてみました。



 - 牛肉ブランド