Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

タラバカニは実はカニではありません

   

タラバカニ

タラバカニを漢字で書くと「鱈場蟹」と書きます。

そのタラ「鱈」とは海魚のタラのことです。

タラバカニは深海に住んでいますが、タラの魚場の付近に生息することから、タラバカニという名がついたのです。

しかし、タラバカニは実はカニではありません。

タラバカニは見た目はカニそのものですが、生物学的にはヤドカリの仲間なのです。

タラバガニの脚は八本(ハサミ脚が二本、歩脚が六本)しか見えず、普通のカニと比べて二本(一対)少ないように見えます。

しかし、実際は10本あるのです。

五対目の脚は小さく、甲羅の中に隠れて見えないだけなのです。

ヤドカリ類は腹部が右側にねじれています。

それで異尾類として分類されているのです。

また、ヤドカリ類は腹部に短い付属肢があり、これを腹肢といい、腹肢は腹部の左側にしかありません。

タラバカニ(メス)の腹部はやはり右側にねじれており、腹肢も左側にしかなく、ヤドカリ類の特徴を備えているのです。

セレクション

 - 雑学・豆知識