Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

タンパク質の役割

   

人間の体を構成する20%はタンパク質。そのタンパク質の役割とは

タンパク質

タンパク質とは

タンパク質は炭水化物、脂質とあわせて3大要素と呼ばれている。

人間の筋肉や臓器、体内の調整に役立っているホルモンの材料となるだけでなくエネルギー源ともなっている栄養素であり、20種類存在するアミノ酸が多数結合してできた高分子であり、約10万種類のたんぱく質に形を変える。

筋肉や肌、髪が同じタンパク質からできているのに形が違うのは、このようにアミノ酸の組み合わせが違うからである。

20種類のアミノ酸のうち9種類は体内で作ることができないので、食事から摂取する必要がある。

この9種類を必須アミノ酸、それ以外の11種類を非必須アミノ酸という。

タンパク質の種類

食事からタンパク質を摂取するには、肉や魚、卵などの動物性食品と、穀物や糖類などの植物性タンパク質がある。

注意が必要なのは。、動物性と植物性は食材によって、含まれている必須アミノ酸が違う。

この違いを知らずにタンパク質を摂取しようと食事をしても必要なアミノ酸が取れなかったという可能性も考えられる。

動物性タンパク質

魚介類を含む動物性タンパク質のこと。肉類、魚介類、乳製品などに含まれる。

植物性タンパク質

植物由来のタンパク質のこと。米、小麦、大豆、種類によっては野菜や果物にも含まれる。

動物性タンパク質と植物性タンパク質の違い

最大の違いは必須アミノ酸のバランスである、

動物性タンパク質は多くのものが9種類の必須アミノ酸を含んでいる、一方、植物性タンパク質には不足しているものも存在する。アミノ酸の働くは不足している必死アミノ酸のレベルに合わせて制限されてしまうので、タンパク質をとっていても足りなかったという状態になることもある(アミノ酸の桶の理論)。

タンパク質の桶の理論

体内への吸収率でも動物性タンパク質97%に対して、植物性タンパク質は84%である。

アミノ酸がバランスよく含まれている良質なタンパク質かどうかを調べる方法に「アミノ酸スコア」がある。

アミノ酸スコアは食品に含まれるタンパク質の栄養価を表しており、スコアが100もしくはそれに近い数字であれば理想としているアミノ酸組成に近いと考えられる。

アミノ酸スコア

  • 牛肉(ロース) 100
  • あじ(生) 100
  • 鶏卵 100
  • 牛乳 100
  • 糸引き納豆 100
  • キャベツ 53
  • りんご 56

上記を考察すれば分かると思うが。肉や魚、乳製品などの動物性タンパク質はアミノ酸スコア100の物が多いが、植物性タンパク質食品には、数値の低いもの、つまり必須アミノ酸が不足しているものが多いのがわかる。

タンパク質が不足すると

タンパク質は、体を作る材料であるが、その材料が減少してしまうと、筋肉量の減少や、肌のトラブル、髪のトラブル、集中力、思考力の低下を引き起こす。

またタンパク質には保湿効果があるが、不足すると体が冷えやすくなる可能性もある。

タンパク質が多すぎると

過剰摂取は体に大きな負担を与える。動物性タンパク質を必要以上に摂取すると、脂質も多くとってしまいカロリーオーバーや肥満を招く可能性がある。他にも。腸内環境の乱れや肝臓・腎臓にかかる負担から内臓疲労が高まる可能性がある。

タンパク質を上手にとる方法

まずは毎日三食しっかりと食事を取ることが大事である。

タンパク質を多く含む食材を使うのはもちろんの事、動物性タンパク質と植物性タンパク質を一緒にとることがお勧めである。

アミノ酸スコアの低い食材でも、複数の品目を組み合わせることで必須アミノ酸のバランスが改善され、食事全体の栄養価を高めることができる。これをタンパク質の補足効果と呼ぶ。

タンパク質は食事で摂取することが当然一番の方法であるが、思うように食事をとれない場合は、手軽に摂取できるプロテインやアミノ酸のサプリメントでタンパク質を補給することがお勧めである。

セレクション

 - 健康管理・食品・サプリ