Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

焚き火の煙はなぜ目にしみるのか?

   

焚き火

冬になると、枯れ木や落ち葉を集めて焚き火をします。

その煙が目に入って痛かったという経験は誰にでもあるはずです。

タバコの煙も同じように、それが目に入ると痛みを感じます。

木や葉を燃やすと、木や葉の成分であるセルロースやその他の物質が熱分解されて、煙となって出てきます。

その煙には、酢酸、メチルアルコール、ホルムアルデヒド、フェノールなどが含まれています。

煙が目に入ったときに、刺されるような痛みを感じるのは、主としてホルムアルデヒドとフェノールによります。

このように、ホルムアルデヒドやフェノールなどは、有害の物質です。

しかし、煙の成分には殺菌、防腐などの作用のあるものもあります。

魚や肉などを煙で燻して、その効果を利用したものです。

ちなみに、日本の炭(木炭)は木から作られます。

だが、炭を燃やしても煙はでません。

また、目が痛くなることもありません。

それは、木から炭を作る段階で、目に痛みを及ぼす物質が放出されてしまっているからです。

セレクション

 - 雑学・豆知識