Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

父親の借金、妻子は引き継ぐ必要があるのか?

   

父親の借金、妻子は引き継ぐ必要があるのか?

父親が謝金を残して亡くなりました。

この場合、相続人は借金を相続しなければいけないのでしょうか。

父親の借金だから、妻子はそれを相続し、払わなければいけない。

そう思う人が多いのではないでしょうか。

結論をいうと、借金を相続するかしないかは相続人の自由です。

相続したくなければ、相続しなくてもよいのです。

借金の相続(遺産相続)に関しては三つの選択肢があります。

一つは、相続を一切しない遺産放棄という方法です。

この場合には、相続の開始があったことを知ったとき(通常は被相続人が亡くなったのを知ったとき)から三ヶ月以内に、家庭裁判所に申し立てをしなくてはなりません。

二つ目は、財産とともに借金も,遺されたものはすべて相続する「単純承認」です。

三ヶ月以内に、相続放棄などの他の方法をとらないと、単純相続したことになります。

もう一つは、「限定承認」という方法です。

借金は相続するが、相続によって得た財産の限定のみで相続するというやり方で、その場合も相続放棄と同じく、家庭裁判所に申し立てをしなくてはなりません。

 - 雑学・豆知識