Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

そばかすのできる原因は?

   

そばかすは何故できるのでしょうか?

そばかすのできる原因

子供の頃の「そばかす」は可愛いけど、大人になってからの「そばかす」に悩まされている女性達は多いのではないでしょうか。

でも、なぜ「そばかす」はできてしまうのでしょうか。

「そばかす」のできる原因を理解していれば、どんなスキンケアをすれば治すことができるのかもわかると思います。

今回は「そばかす」のできる原因に関して調べてみたいと思います。

子供の頃にできる「そばかす」の原因は?

先天的な原因によりできる「そばかす」とは、両親から受けついた生まれつきの体質によるものです。

「そばかす」自体を受け継ぐものではなく、「そばかす」のできやすい色白の体質を受け継ぐことによってできる「そべかす」です。

この「そばかす」は思春期に出来始め、思春期の終わりには自然と消える「そばかす」です。

後天的な原因によりできる「そばかす」に関しては、自然に消える事はほとんどありません。

むしろ、歳を重ねるごとに目立ちやすくなる傾向があります。

大人になってからできる「そばかす」の原因は?

大人になってからできる「そばかす」または子供の頃にできた「そばかす」が大人になっても消えない理由には主に日焼や生活習慣の乱れが考えられます。

そばかすの原因

  • 紫外線によるもの
  • お肌に良くない洗顔方法、スキンケア方法によるもの
  • お肌に合わない化粧品の使用
  • 栄養不足
  • 精神的なストレス、疲労、睡眠不測

紫外線が原因の「そばかす」

日焼をして、紫外線を浴びると「そばかす」ができやすくなります。

日焼をすることで「そばかす」のもととなる、「メラニン色素」が多く生成されます。

生成された「メラニン色素」の排出が間に合わなくなると肌に蓄積されていしまいます。

蓄積された「メラニン色素」は、肌にとどまり「そばかす」となって肌表面に現れてしまいます。

紫外線を浴びる女性

生活習慣と「そばかす」の関係

生活習慣によっても「そばかす」ができやすくなります。

お肌に良くない洗顔方法、スキンケア、化粧品

間違った洗顔方法や、間違ったスキンケア方法を行うと「そばかす」の原因となると言われています。

過度なピーリング洗顔なども肌を傷つけてしまう可能性があるので気を付けることが大事です。

メラニン色素は、日焼だけではなく摩擦や化粧品による負担によっても発生します。お肌に合わない洗顔方法や化粧品は「そばかす」の原因となりますので注意しましょう

顔の皮膚はカラダの他の部分に比べても皮膚がうすく敏感にできています。その分丁寧に扱わないと「そばかす」のできる原因となりますので注意が必要です。

栄養不足が原因の「そばかす」

栄養のバランスによっても当然、「そばかす」は発生します・

ビタミン、ミネラルなどを十分に取って栄養バランスを整える事も大事です。

精神的なストレス、疲労、睡眠不足が原因の「そばかす」

当然、疲れてくると「メラニン」が増えて「そばかす」も増えてきます。

精神的にリラックスして、体力を十分につけて、睡眠不足にも気を付けましょう

そばかすを作らない為には活性酸素の発生を抑制する事が大事

そばかすのできる原因は、活性酸素の発生が発端となっています。

活性酸素とは、体を酸化させ、錆や老化の原因となる物です。

活性酸素が増えすぎてしまうと、自分の細胞を傷つけてしまったり酸化させてしまいます。

活性酸素は紫外線を浴びたり、何らかの外的刺激を受ける事によって発生します。するとメラサイトが刺激を受けて活動を始めます。メラサイトとは紫外線を浴びるとでてくる色素形成細胞の事です。

このメラサイトが刺激されると、お肌を黒くするメラニン色素を形成します。紫外線から害を守る為に、メラニン色素を増殖させお肌を黒くさせてしまうのです。

その結果として、そばかすができます。お肌の内部に色素沈着して拡大する事によって、くっきりと表面化してくるのです。

セレクション

 - 美容