Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

スキンケアは自分の肌質に合った方法を

   

現代の美容の世界ではスキンケアの重要性がさけばれています。

現代人はほとんどの方が何らかの「肌質」を持っていると思われますが、スキンケアの基本はまずは自分の肌質を知る事から始まります。

肌質は遺伝的な性質の物もありますが、日常の習慣でかなりの部分が決定されます。

加齢や紫外線の影響など色々な影響によって決まります。まずは自分の肌質をしりましょう。

スキンケアは自分の肌質に合った方法を

自分の肌質はどの様に決まるのでしょうか

肌質のほとんどは”角質層の水分量によって決まります。

乾燥肌の場合は角質層の水分が奪われ、肌の表面を保護する皮脂膜が多く張られていない状態を指します。

オイリー肌とも呼ばれる脂性肌も実は乾燥が原因で発生しているのです。角質層の水分が失われるのを防ぐため肌の表面を皮脂分泌で覆うためオイリー肌になるのです。つまり”肌の悩み”のほとんどが肌の水分不足が原因で発生していたのです。

肌質ごとの特徴

肌質には、普通肌、乾燥肌、脂質肌、混合肌と4種類の肌質があります。ご自分はどの肌質なのでしょうか。それぞれの特徴に関して知っておきましょう。

普通肌

普通肌は、皮脂が少なめで水分が多い理想的な肌です。水分量は多めですが皮脂量が普通で、しっとりとしたつやがあります。健康的な色合いの肌に特徴があります。この状態は角質層の状態が良好なので、肌トラブルが起こりにくい肌質です。皆さんの理想とする、きめ細かく弾力のある肌です。普通肌のスキンケアの方法は、化粧水や乳液は、ややしっとりとしたタイプの物を使い、少量を丁寧に使いましょう。普通肌が理想の肌質なのでスキンケアも浸透しやすい状況です。きめ細やかな肌をキープしましょう。

乾燥肌

水分量も皮脂量も少なくて、肌全体がカサカサして肌荒れが起きやすいタイプの肌質です。角質層が乾燥するとターンオーバー周期が過剰に早まります。ひび割れや痒みといった炎症の原因にもなります。乾燥肌のスキンケア方法としては、洗顔時に皮脂を洗い過ぎない事が大事です。泡の汚れを浮かすだけで洗顔する、などのケアが必要です。化粧水や乳液は、しっとりタイプの物を使いましょう。肌全体の少量を数回に分けて丁寧に重ねづけしましょう。浸透の良いオールインワンゲルなどがお勧めです。

脂質肌

角質の水分量が少なく、皮脂が肌表面を保護しようとする為、皮脂が過剰分泌されて肌がテカってしまうのが特徴です。皮脂が多いためベタつくのでメイクも崩れやすいです。また、毛穴の黒ずみや肌のトラブルを起こしやすいのが特徴です。脂質肌のスキンケア方法としては、乾燥を防ぐために肌が皮脂を出しているのが原因で脂性の肌になっているので、化粧水により角質への水分補給は必要です。きっちり洗顔した後、化粧品、保湿液、さっぱりめのオールインワンゲルで肌を整えましょう。

混合肌

水分量が少なくてかさつく部分がある一方、Tゾーンなど部分的に皮脂量が多くて脂っぽさを感じるのが特徴の肌質です。最も皮脂量が少ないのが頬で、皮脂量が多いのが順番に、あご、鼻、額と言われています。目尻などシワができやすい所は皮脂量が少ない事が多いです。お手入れを怠ると、目元や口元など乾燥すると所にコジワができたり、おでこや小鼻の周りにニキビができたりするので注意が必要です。混合肌のスキンケア方法としては、化粧水や美容液は乾燥しやすい部分に塗りましょう。乾燥しやすい部分へのケアは乾燥肌と同じくしっとりしたオールインワンゲルがお勧めです。

まとめ

あなたの肌質はどの様な肌質でしたか、肌質の違いによりスキンケアの方法も違ってくるので、まずは自分の肌質を理解しましょう。

肌質を理解したら、その後はどの様なスキンケアをすればよいのか調べてみましょう。

同じスキンケア商品と言っても、肌質に合わない製品を選んでしまうと、余計に肌荒れを起こしてしまう事もありますので、十分に注意しましょうね。

 - 美容 ,