Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

更新頻度を多くすればSEO効果は上昇するのか

   

更新頻度によるSEO効果

更新頻度によるSEO効果

サイトの更新頻度を高めても、それだけでSEO効果は期待できない。

もう少し具体的に説明すると、ブログに一記事投稿しようが、3ヶ月に一度一回記事を投稿しようが、基本的にはそのサイトの更新頻度だけでは順位の上昇は期待できない。

一方、質の高いコンテンツを毎日投稿することで、その分SEO効果は期待できる。

つまり、更新頻度の高さではなく、コンテンツの質を高めることで、順位が上昇するのである。

  • 更新頻度が高いことによるSEO効果はない
  • コンテンツの質を高めることでSEO効果が期待できる

更新頻度が高いことによりSEO効果はない

普段、陥りがちなサイトの更新処理

  • 記事の更新日や投稿日などの日付(更新日時)だけを最新にする
  • 数文字や一行、一部の画像やリンクだけ追加(追記)、差し替えする
  • 数行だけのボリュームの乏しい短文の新規コンテンツをどんどん公開する

こうして更新頻度を高めても、コンテンツの質を高めるのに大きく寄与しないので。結果的にSEO効果は見込めない。

コンテンツの質を高めることでSEO効果が期待できる

サイトを何年も運用していれば、過去に書いた記事のメンテナンスをせずに、その記事のコンテンツ内容は古い記事になりがちです。

そのような記事の情報を新しい情報に書き換えて、新鮮なコンテンツ内容にしましょう。

そうすれば、ユーザーの利便性が向上してコンテンツの質が高まるので、その分SEO効果が期待できます。

コンテンツの質を高めるように更新してSEO効果を得る方法

コンテンツの質を高めるように更新するには、サイト内で高品質なページの割合を高めます。

例えば、検索順位が低い低品質なページをリライトしたり、場合によっては低品質なページを削除します。

また、テーマが重複してる複数のページを統一、新規で高品質なページを追加します。

そうすることで、良質なページの割合が増えて、サイト自体の質が高まるので、最終的にGoogleに評価されやすくなります。

こうして、質の低いコンテンツを見直して、良質なページを増やすようにサイト更新することが、SEO効果を得るためのポイントとなります。

  • 低品質なページをリライトする
  • 低品質なページを削除する
  • テーマが重複するページを統一する
  • 高品質なページを新規追加する

低品質なページをリライトする

低品質なページをリライトして。コンテンツの質を高めるようにサイトを更新することがSEO効果を得るためのポイントとなる

  • キーワード順位が低い、不安定なページをリライトする。
  • 読まれていないコンテンツをリライトする

低品質ページを削除する

低品質なページを削除するには、まずコンテンツ内容の薄いページをピックアップします。

そして、そういったページの中からアクセス数(ページビュー)が月間30以下のページを見繕います。

その見繕ったページが、どんなキーワードで認識されてるか?をサーチコンソールの検索アナリティクス機能を活用して確認しましょう。

検索表示回数やクリック数が多い目立ったキーワードで認識されてなければ、見繕ったページを低品質ページと判断して削除します。

こうして、ユーザーの需要が低いページをリストアップして、それらを低品質なページとして削除するようにサイト更新することが、SEO効果を得るためのポイントとなります。

テーマが重複するページを統一する

ユニークなコンテンツ内容となるように、テーマが重複するページを統一しながらサイト更新することが、SEO効果を得るためのポイントとなります。

高品質なページを追加する

高品質なページを新規追加するためには、1ページ1キーワードと考慮すること。

より信頼性の高いコンテンツを新たに作成して、高品質なページを新規追加するようにサイト更新することが、SEO効果を得るためのポイントとなります。

まとめ

更新頻度よりも、コンテンツの質に比重をおいてSEO対策を進めましょう。

具体的には、「1ページ1キーワード」「ユーザーの検索意図」「信憑性」「独自性」「網羅性」を考慮して信頼性の高いコンテンツを更新するようにSEO対策を進めます。

こうして高品質なコンテンツを増やして、専門性や権威性を加味しながら、より信頼できるサイトにすることが、SEO対策で上位表示を目指すためのポイントとなります。

セレクション

 - SEO