Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

赤外線の色は赤いのでしょうか?

   

赤外線の色は赤いのか

電気コトツにはその熱源として、赤外線電球がよく用いられています。

そして電球はたいてい赤い色の光を発しています。

そこで赤外線は赤い色をしていると思っている人がいます。

しかし、赤外線はじつは赤くは無いのです。

人間が見ることのできる光(可視光線)の中で、最も波長が長いのが赤色の光で、最も波長の短いのが紫色の光です。

赤色の光、紫色の光のそれぞれの外側にも、人間の目には見えない光があり、赤外線、紫外線と呼ばれています。

赤外線には物体の温度を上げる性質があります。

赤外線を物体に当てると、吸収され、物体の温度が上昇します。

その性質を利用したのが赤外線コタツです。

赤外線は人間の目には見えません。

赤外線は赤くありません。

それなのに、どうして赤外線コタツは赤い色を発しているのでしょうか。

人間は赤い色を温かく感じます。

そこで電球に赤い色を塗って、赤い光を発するようにしているのです。

セレクション

 - 雑学・豆知識