Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

産後太りした体をダイエットで戻す方法

      2019/11/17

産後太りの治し方

はじめに

出産を終え、育児も少しずつ慣れてきたものの、産後太りで以前とは変わってしまった体型に悩んでいるママも多いのではないでしょうか。

しかし、昔のように無理なダイエットもできないし、何かダイエットをするうまい方法は無いのでしょうか。

今回は、産後太りの体型を元の体型に戻すためには、どんな方法が良いのか考えてみたいと思います。

産後太りの原因は?

まず、対策を考える前に、産後に太ってしまう原因を考えてみましょう。

産後は、赤ちゃんを出産してもすぐに出産前の体重に戻るわけではありません。

妊娠中に赤ちゃんを守るために蓄積してきた皮下脂肪が残っているで、産後すぐは羊水などの重さをマイナスしても3~5kgくらいしか変わることはありません。

また、妊娠・出産で骨盤が歪むので、基礎代謝が落ちることも産後太りの原因となります。

産後太りの状態を放置しておくと、いつまでも蓄積された脂肪がとれず、お腹やお尻、太ももにもついたままになり、体型が戻りにくくなってしまいます。

産後太りの程度は、妊娠中に増えた体重の量によって異なります。

あまり増えなかった人は妊娠前の体重にすぐに戻すことができる人もいますが、妊娠中に10kg以上増えてしまった場合には、なかなな元に戻らないこともあります。

さらに、産後は育児が忙しいので決まった時間に食事がとれず。時間を気にせず間食してしまったり、母乳を与えることからお腹がすきやすく、ボリュームのある食事を求めがちだったりすることも、産後太りの要因として考えられます。

産後太りを解消するのに6ヶ月がキーです

産後太りを解消するためには、体重が落ちやすい産後6ヶ月までにダイエットするのがコツです。

産後しばらくは、体が妊娠前の状況に戻ろうとしたり、一日中、赤ちゃんのお世話に追われている時期なので、自然と体重が急激に落ちやすい時期なのです。

しかし、この時期を過ぎると生活スタイルや体質によって体重が落ちにくくなる人もいるため、落ちやすい時期に集中してダイエットに取り組むことが効果的です。

出産直後はまだ子宮が回復されていない時期で、さらに、育児のためにも体力が必要なときです。

この時期に無理なダイエットは禁物です。

できる範囲で健康的に体重を落とす方法を取り入れていきましょう。

食事の内容を見直しましょう

産後のダイエットンのためには、食事の量を制限するだけではなく、栄養バランスの見直しに重点を置きましょう。

白米を玄米に代えてみたり、養殖から和食を中心の食事にするなど、量は同じでも脂肪分や塩分が少ない食事に変更するだけで、体重が落ちやすくなります。

食事制限は簡単にカロリーを抑えることはできますが、体力を消耗しやすい産後のママにはオススメはできません。

タンパク質やビタミン、ミネラルを含んだ野菜を多く捕るようにしましょう。

産後ダイエットには酵素ドリンクがおすすめ

酵素ドリンクを利用することは産後ダイエットにオススメな方法です。

酵素ダイエットはその名の通り。酵素をとってダイエットする方法です。

酵素とは、体内の第棒でつくられうタンパク質の一つです。

酵素は食べ物をエネルギーに変えてくれる働きをしてくれます。

酵素が不足すると、脂肪を食べやすくなってしまいます。

まず、体の脂肪を減らすためには、酵素の働きによって脂肪をエネルギーに変えて燃やす必要があります。

つまり酵素ダイエットとは、酵素を十分にとって脂肪の燃焼効率を良くし。「痩せやすい体質」を目指すことなのです。

また、酵素が増えることで、食べ物の消化吸収がよくなり、お通じの質が改善されます。

さらに、妊娠の間に弱った内臓の働きもサポートしてくれるので、詰まった者が出やすい体に整えてくれるのです。

つまり、酵素ダイエットは便秘がちになりやすい出産後のママにもいい影響が期待できるのです。

以上、見てきたように、酵素ドリンクを利用する事によって、妊娠・出産の時に蓄えてしまった脂肪を燃焼しやすい体に変えることと、便秘を改善することで、産後太りを解消することができます。

スポンサーリンク)


酵素ドリンクの口コミ情報を分析したページはこちらです

骨盤矯正で妊娠前の体型に戻しましょう

産後ふとりの原因の一つに骨盤の歪みがあります。

妊娠、出産で骨盤が開くと、内蔵が下ってきます。

内臓が下ることにより、下半身を中心に脂肪が溜まりやすくなります。

骨盤の開きによって内臓が下がる

この様な状態にしないためには、骨盤を出産前の状態にしてあげるのが一番良いのですが、そのためには骨盤を矯正するために整体にいったりしなくてはいけません。

しかし、産後のママにそんな時間はありません。

そんなママが利用しているほうが骨盤ショーツを利用する方法です。

骨盤ショーツであれば、普段の下着の代わりに身に着けるだけですし、毎日継続できます。

産後はしばらくは運動するのは難しいので、骨盤を矯正する効果のある補正下着を着用することで産後太り対策をする事をお勧めします。

スポンサーリンク)


まとめ

出産までは必ず、ママは脂肪をお腹に溜め込んでしまいます。

出産後は、自然の法則で体重を元に戻そうとするのですが、この時期に油断してしまうと産後の体型はそのままになって戻らなくなってしまいます。

出産後、6ヶ月以内に対策を打たないと将来後悔しますよ。

まずは、食事制限をする事が大事ですが、何より大事なのは栄養を摂りながら摂取カロリーを少なくすることです。

そのためには、酵素ドリンクなどを有効に利用しましょう。

また、産後ママは必ず骨盤が開いてしまっているので、内臓が下っています。

それも脂肪を溜め込む原因なので、早めに骨盤の開きを閉じるようにしましょう。

骨盤ショーツがお勧めです。

いずれにしても、6ヶ月がポイントですので、頑張りましょう。

 - ダイエット