Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

プログラミングの勉強法

   

プログラミングの勉強法

プログラミングを勉強する場合でも手段は色々あります。

代表的な4つの勉強法を紹介します。

学習サイトを利用する方法

プログラミングは、闇雲に勉強しても効果は出にくいものです。

そんな時にが学習サイトを利用するのがお勧めです。

基本的なスキルなどは、「学習サイト」をマスターしましょう。

書籍を利用する方法

基本的なことを「学習サイト」で学んだ後は、書籍を利用して基礎固めをすることも大切です。

学習サイトでの勉強はあくまでも基本的な事を学んだだけなので、必ず抜け漏れは発生します。

今後サービスを作ったり、現場レベルで使える知識にするためには、書籍を利用して基礎固めをすることが大事です。

本の使い方としては、

  • 文法の分からないところを調べるために辞書的に使う
  • 書籍で紹介しているサンプルを作ってみて、もの作りの基礎を固める
  • 微妙な概念の違いなどを理解するのに、さらに詳しく書籍を使って理解する

Webの質問サイトを利用する

勉強をしているとどうしても、誰かに聞きたいともう事がでてきます。

そんな時に便利なサービスがWebじょうにはいくつかあるのですが、その一つが「teratail(テラテイル)」というサービスです。

エンジニアのためのQ&Aサイトで、様々な質問が毎日投げかけられています。このサイトのすごいところは、無料なのに返答時間がとてつもなく早いということ。平均で1時間半くらいで返答が返ってきます。

1日中、同じエラーに対してうんうん悩む学習者は多いと思います。考えても分からない、調べても分からない。

そんな場合は是非利用してみて下さい。

プログラミングスクールを利用する

プログラミング学習は、挫折率が高いと言われています。

やはり、一番挫折しにくい方法は「プログラミングスクール」に入校することではないでしょううか。

プログラミングスクールに入校するメリットとしては、

  • 疑問が生じたときに質問がその場でできる
  • カリキュラムが決まっているので、学習のペースが掴みやすい
  • 仕事獲得までのサポートが充実している

大きく3つ挙げましたが、これだけでもかなりのメリットがあることをわかっていただけますか?

挫折に悩むよりもプログラミングスクールに通った方が、トータルで考えてもコストメリットが高いと言えるのではないでしょうか。

KIREIMO

 - プログラミング