Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

オリゴ糖は腸内環境に与える影響とは

   

オリゴ糖とは小糖類とも言われる糖の一種です。

オリゴ糖

最近では、オリゴ糖についてお腹に良いと一回は聞いたことはあるのではないでしょうか。

確かにその効果は国も認めており、特定保健用食品として認められています。

オリゴ糖を摂取すると腸内環境にとって好影響を与えるのは間違いありませんが、勘違いされやすいのは、オリゴ糖がそのまま腸に好影響をあたえるのではないという事です。

腸内は、悪玉菌と善玉菌が勢力争いをしていて、それぞれ腸内フローラと呼ばれるお花畑の様な場所を作っっているのです。この腸内環境の勢力争いを悪玉菌に負けると、腸内環境は悪くなり、腸の中はドロドロの状態になってしまいます。

その結果、便秘になったり、お肌が荒れてしまったり、体にとって、あまり好ましくない状況ができていしまいます。

腸内環境を良くするためには、悪玉菌をやっつける善玉菌を増やしてあげれば良いのですが、そんなに簡単には増えません。

善玉菌の代表例として、ビフィズス菌は聞いたことがあると思いますが、ビフィズス菌ヨーグルトなどを飲めば増えると思いませんか。

しかしそれが、そんなには簡単ではないのです。ビフィズス菌は、ほとんど腸にまで届きません。

なので、一生懸命ビフィズス菌をお口からとっても、そんなに効果はないのです。

しかし方法はあります。

オリゴ糖は善玉菌のエサとなります。

腸内に善玉菌であるビフィズス菌を直接届けるのが困難であるならば、腸内に存在しているビフィズス菌にエサを与えてあげて元気にしてあげれば良いのです。オリゴ糖は善玉菌のエサになるので、摂取すれば善玉菌が悪玉菌に対して有利な状態になり、腸内の環境は良くなります。

その結果として、便秘であるとか下痢であるとか肌荒れであるとかを減らすことができるのです。

善玉菌を育てるためにオリゴ糖を摂取するのは非常に有効的なのです。

まとめ

スポンサー

 - 腸活