Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

大分県といえば(観光地・温泉地・グルメ・お土産)

   

大分県

大分県の基本情報

大分県は九州の沿岸部にある県です。人気の別府温泉をはじめとする温泉街で知られています。有名な「別府地獄めぐり」は、赤湯泉の血の池地獄、間欠泉の龍巻地獄など自然湧出の源泉 8 つを名所にしたものです。2 つの山頂をもつ標高 1,583 m の由布岳はハイキングや登山で人気があり、その麓には温泉街の湯布院があります。

  • 人口:119.7万人

大分県といえば

  • 別府
  • 由布院
  • 関さば
  • 大分麦焼酎ニ階堂
  • 関あじ
  • いいちこ
  • 城下かれい
  • 阿蘇くじゅう国立公園

大分県の観光スポット

大分県のグルメ

中津からあげ

中津からあげ

から揚げだけを販売する専門店が町の至る所に。その数30店以上!

大分県の北西端に位置する中津市は、中津城や耶馬溪がある観光都市。中津の人たちは、から揚げが大好きで、祭事やパーティー、日々の食卓、子供のおやつと、様々な場面で食べられている。しょうゆベースのタレには、にんにくやしょうがといった一般的な薬味に加え、各店舗独自のスパイスを混ぜて味に個性を出している。これらのスパイスで味付けは辛めになり、揚げ立てだけでなく、冷めてもおいしく食べられるようだ。中津市内だけでなく、遠方から足を運ぶ人も多く、中津市役所では「からあげマップ」を作成し、人気を後押ししている。

地獄蒸し

地獄蒸し

温泉の噴気を利用して蒸し上げて食べる別府独特の料理方法

地獄蒸しとは、常に噴出している温泉の蒸気を利用して様々な食材を蒸す別府独特の料理方法である。調理には、温泉から噴出する蒸気熱を利用した加熱調理装置である地獄釜(じごくがま)が使われる。温泉の成分と高温で一気に蒸しあげる効果で旨味を凝縮させ、旬の野菜や地元で獲れた新鮮な魚介類などを温泉の滋味も付加させて味わい深いものにする。素材は地元で獲れたカニやエビ、魚やサザエなどの魚介類から温泉卵ならぬ地獄蒸し卵や豚まん、プリンやとうもろこしなど様々である。

大分県のB級グルメ

とり天(中津川市はじめ県全域)

とり天

店ごとに違った味で楽しめる大分の定番料理“とり天”

鶏肉消費量が全国1位と、大分県は鶏が大好きな県。とり天は、ひと口大にカットして揚げた鶏肉の天ぷらのことで、大分では極めてメジャーな料理。県下各地のレストランや定食店、喫茶店、中華料理店、弁当屋どこでも味わえる。発祥は日本有数の温泉のまち、別府で、台湾系の中華料理としてうまれたといわれている。酢じょうゆとカラシで食べるのが基本のようだが、中華風、和風、洋食系、やさしい味、にんにくガッツリ系など、今では各店舗によって様々な味付けで楽しめる。それぞれに衣や揚げ方にもこだわりがあるので好みの味を探して欲しい。

大分県の有名人

  • 南こうせつ

セレクション

 - 日本の情報まとめ