Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

おもちゃの月額レンタルサービス「キッズ・ラボラトリー」の評判は?

   

スポンサーリンク)

今の世の中は、共稼ぎのパパ、ママが圧倒的に圧倒的に多くなっています。

そんなパパ、ママ達が子供たちと一緒にいれる時間は少ししかないのではないでしょうか。

私もそうでした。

そんな限られた時間の中で子供たちとコミュニケーションをとるためには、おもちゃの存在は大きいと思うのですが、いろいろな玩具と子供と遊びたいと思っても、おもちゃは意外と高いし、買いに行く時間がない。

そんなパパ、ママにお勧めなのが、玩具の月額レンタルサービスなのです。

サービスの概要は?


知育玩具・おもちゃの “定額制レンタルサービス” です。

・1日99円。おもちゃが期限なしで使い放題
・高温のスチームと専用のメンテナンス用品で丁寧にクリーニング
・日常使いによる細かい傷や汚れは保証付きなので安心してご利用可能
・気に入ったおもちゃは、Amazon価格の約8割で買取も可能
・30日間の全額返金保証付き
・「おもちゃコンシェルジュ」が持っているおもちゃ・欲しいおもちゃヒアリングし4点~6点のおもちゃを個別プランニング

子供たちにとって玩具が大事な理由

人間の精神活動は、大脳の働きによることが大きいことはよく知られています。

この大脳の成長は実は80%が3歳までに形成されていしまうのです。

3歳までの子供たちに対しての扱いが、その子供の一生を形成するといっても過言ではないのです。

その大切な時期に、しっかりと情操教育を行い、社会性を高めて上げ、運動能力を高めてあげることが大事であり、この時期の子供のおもちゃ選びは非常に大事なことなのです。

生後1年目までには、どんな玩具を選ぶべきか

生後3か月までは、子供たちは、色や音に対してすごく興味を感じる時期になります。

この時期には、色や音の感覚に訴える玩具が重要になります。

生後4~6か月の時期は、子供たちは、おもちゃを手で掴み口に持っていこうとするので、危険なおもちゃを与えることはよくありません。安全なおもちゃを選んであげる必要性があります。

生後7か月たつと、運動能力も格段の進歩を見せ始めます。

この時期には成長を促すおもちゃを選ぶことが大事です。

生後1年後~8歳までにはどんな玩具を選ぶべきか

この時期には、子供の発育段階に合わせて、できるだけ創造意欲を刺激するような玩具を与えてあげることが大事です。

小学校に上がる時期には、学習的な要素をもった玩具を選んであげましょう。

今後の子供の玩具の選び方

子供の玩具の選び方は、今まで見てきたように子供の成長に合わせて慎重に選んであげることが大事なのは理解いただけたと思いますが、実際、どんな玩具をどんな時期に選ぶのかを自分で判断することは大変じゃありません。

そんな玩具の選び方はプロに任せてしまえばよいと思いませんか。

キッズ・ラボラトリーの「オモチャコンシェルジャ」がその点を担ってくれますよ。

おわりに

これからの子供たちの玩具の選び方は、高い玩具をネットで購入する時代ではないのです。

専門家にお願いして、その時期に合った玩具を選んでもらって借りてしまいましょう。

そんなサービスを選ぶのがお勧めです。

スポンサーリンク)

「Yahooニュース」でも取り上げられたおもちゃレンタル【キッズ・ラボラトリー】

セレクション

 - 定額レンタルサービス「サブスクリプション」