Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

朝起きれない原因の一つは体内時計が乱れ

   

最近、起きれないと思っておられる方、その原因は体内時計が狂っているかもしれません。

朝起きれないのは体内時計の乱れ

体内時計の仕組みを理解しておきましょう

人間の身体には実は24時間ごとに時を刻む体内時計があります。当然、自然界に棲む動物達にも同じように体内時計があります。

その体内時計のおかげで人間にしろ、自然界にいる動物達にしろ、夜睡眠につき。朝起きる事ができるようになっているのです。

しかし、人間の業界では体内時計を狂わせてしまうストレスが多すぎて、体のリズムを崩してしまっている人達が多いのです。

体内時計の仕組みを簡単い説明しますと、

人間の体内時計は、朝起きて「光」を浴びた時にスイッチが入ります。そのスイッチが入ってから14~16時間たつと、今度は睡眠ホルモンである「メラトニン」が分泌されてきます。

その仕組みのおかげで、朝8:00に起床すれば20:00~22;00に分泌が始まり、体は睡眠の準備を始めるのです。

現代社会は、体内時計を狂わせる環境に満ちています。

あなたは、こんな生活を送っていませんか?

  • 本来であれば、寝る時間帯である20時から22時にかけてコンビニに訪問している
  • 夜更けまで、ネットやテレビ、スマホのディスプレイを見ている
  • 部屋の明かりを夜遅くまで付けている

この様な環境を送ってるのであれば、あなたの体内時計は十分に狂う可能性があります。まずは体内時計を正常に戻しましょう。

そうする事で、夜も眠りやすく、朝も起きやすくなります。

体内時計を狂わせない様にするためには

体内時計を正確に保つためにはどの様にすればよいのでしょうか?

  • 朝食はしっかりとりましょう。朝食は脳を目覚めさせます。1日のスタートである朝食はしっかり摂るようにしましょう。
  • 体内時計を保つためには適度な運動が大事です。
  • 夜は、できるだけ光を浴びないようにしましょう。
  • 白熱灯や間接照明などで「ほの明るい」程度にしておくとメラトニンの分泌がスムーズになります。

体内時計のスイッチは、朝の光です。積極的に取り入れましょう。

朝、体内時計のスイッチは、起床の時に浴びる光です。積極的に浴びるようにしましょう。

本来であれば、カーテンを寝る前から開けて寝ると、起きた時に太陽の光を浴びる事ができるので、一番良いのですが、今の世の中は物騒でそんな事も簡単にはできないと思います。

その代わりに光目覚まし時計を使うのも一つの手段ではないかと考えます。

光目覚ましは、朝、太陽の光の代わりに光で起こしてくれる優れものなのです。

わたしも使っていますが、本当に便利アイテムだと思います。

 - 快眠と気持ちいい目覚め