Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

朝スッキリ起きれない理由は

   

朝って目覚めがわるいのです。起きれない理由は何なのか調べてみました。

朝スッキリ起きれない理由は

自律神経の働きが正常に働いていないため

自律神経の役割をしっていますか?自律神経は自分が意識していなくても身体の各機能を調整してくれる神経です。例としては体温が熱くなると汗を出すように自律神経が調整してくれます。自律神経には交感神経と副交感神経があります。交感神経は、活動するための神経です。副交感神経は、休憩するための神経となります。交感神経と副交感神経は交互にバランスをとっているのです。日中は、交感神経が主に働いてからだが活発に動くのを助けてくれ、逆に夜になると、副交感神経が体を休めるように働いてくれることにより、交互にバランスをとっています。

それが、寝る時間が遅くなり、夜型の生活を続けていると交感神経が夜に働いてしまい副交感神経が働かなくなってしまいます。その結果朝になっても交感神経が働かず、目覚めが悪くなってしまうのです。この生活が続くと不眠やイライラ、食欲不振などを引き起こします。朝に強くなるためには自律神経を整えるような生活習慣をつけましょう。自然と目覚めはよくなり、朝に強くなれますよ。

睡眠時間が、目覚めをよくする睡眠時間になっていない為

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があります。眠りの周期は、レム睡眠から始まり、次第に深い睡眠になっていきます。深い睡眠の状況が20~30分続いた後に浅い眠りに引き戻されまたレム睡眠となります。この周期は90分です。

この90分の倍数のタイミングで起きるとスッキリ目覚められます。睡眠時間としては、6時間、7時間30分、9時間等が朝に起きやすいタイミングとなります。自分にあった時間を計算してから布団に入りましょう。

寝る前に食べ物を食べるとスッキリ起きれません。

寝る前に食べ物を食べると、胃や腸が吸収や消化にエネルギーを費やされてしまいます。いつまでも内臓が休まらず眠りが阻害される大きな原因となります。また、食べる量が多ければ多いほど、朝の目覚めが悪くなってります、就寝する3時間前位からは水分の摂取だけに留めておきましょう。

冬は起きれないのは、部屋が布団に比べて寒いからです

まず、なぜ冬になかなか起きられないのか?答えは簡単です。「部屋が布団の中と比べて寒いから」です。「起きる30分前に暖房のタイマーをセットしておきましょう」結果、目覚ましが鳴る頃には部屋は適温になり、目覚めたときに肌寒さを感じなくなります。

起きた時に部屋の中が暗いのも朝起きれない原因です。

カーテンを開けて寝ると、なぜ早起きできるのか。それは朝日を浴びると「意欲」の源となる脳内物質セロトニンの分泌が開始されるからです。目覚まし時計で急に起こされると寝起きが悪いのは、暗い中で目が覚めても、まだセロトニン合成がスタートしていない、脳がまだ寝ている状態だからです。カーテンを閉めないで朝日が入るようにして寝てください。朝が来たタイミングで太陽の光が差し込み、寝ならがらでも浴びれば、体内時計は朝に調整されますよね。

 - 快眠と気持ちいい目覚め