Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

朝起きれないのは、自律神経の乱れが原因の場合も考えられます。

   

自律神経のバランスが崩れていて朝起きれない事もあります。

朝起きれない原因は自律神経のバランスも考えられる

自律神経には、交感神経と副交感神経というものがあります。

交感神経

交感神経とは日常活動しているときやストレスを感じているとき、また、緊張しているときなどに働く神経の事です。

朝起きて、仕事や勉強をしているときに活発に働いています。

副交感神経

副交感神経とはリラックスしている時や眠っているときなどに働く神経です。

この神経は食事をしているときやお風呂に入ってリラックスしているときにも働きます。

上記のような特徴から、起きているときは交感神経の方が働いていて、眠っているときは副交感神経が働いています。

しかし、このバランスが崩れると、眠る時間帯に交感神経が活発に働き、夜眠れずに朝起きるのが辛くなります。

また、朝起きても副交感神経が活発に働いて起きられないといったことにもなります。

副交感神経を働かせるためには、ストレスを軽減させることが大切です。

ストレッチやマッサージなどもいいでしょう。身体をリラックスさせてあげることが必要です。

目覚ましなどの音が不快に感じるのは、この副交感神経は働いている時に、無理やりに交感神経に働きかけようとするからなのです。

この状態を改善するために、光で起きる目覚まし法がお勧めなのです。

まとめ

目覚ましは音がうるさくてウンザリです。

振動する目覚ましもありますが、振動でも起きれません。

何故なのでしょうか。

副交感神経の働いている気持ちのよい睡眠状況の時に無理やり起こされるからです。

確かに脅迫して起こそうとする様な目覚ましの音には従うしかないかもしれませんが、自律神経に影響を与えてまで、無理やりに起きるのはカラダがもちません。

人間を始め、動物達は昔から太陽の光と共に目が覚めるようにインプットされているのです。

朝、起きる時に部屋の中が太陽の光で一杯であれば間違いなく気持ちよく起きれるでしょう。

朝になったら自動的にカーテンが開くなんてのもお洒落ですが、なかなか大仕掛けになってしまいます。

こんな目覚ましがあれば気持ちよく起きれると思いませんか。

朝の目覚めと共に、太陽と同じようなヒカリのシャワーを浴びせて起こしてくれる。

そんな事に気づいて商品を発表してくれてのがインティ(光目覚まし時計)です。

この目覚まし時計であれば、音による目覚まし時計の様に毎日、私たちの自律神経を逆なでして、不機嫌にする事はありません。

ぜひ手に入れて、気持ちの良い朝を手に入れてください。

 - 快眠と気持ちいい目覚め