Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

乳酸菌にはどんな働きがあるのか?

   

腸活を行って、腸の環境を整えて健康になって、かつダイエットをしようとおもっています。

腸活を行うに当たって乳酸菌とは何か?
その働きには、どんな働きがあるのかを知らないといけません。

乳酸菌の働きについて教えてください。

乳酸菌とは

自然界にはたくさんの細菌がいます。
空気の中にも、海の中にも、私たちの体の表面や体内にも、あるゆるところに存在してます。
その細菌のなかの一つが、ヨーグルトなどが作り出す乳酸菌なのです。
この乳酸菌は人にとって最も身近で有用な働きをしてくれます。

乳酸菌は生育に必要なエネルギーを獲得するためにブドウ糖や乳糖などの糖類(炭水化物)を分解して乳酸を作り出してくれるのです。

乳酸菌は数多くの種類が知られており、菌によって住んできる所が違います。

ヒトの体内に棲んでいるのは、各種のビフィズス菌、アシドフィルス菌で、これらは有能な働きをするため「善玉菌」といわれています。

乳酸菌の働き

乳酸菌やビフィズス菌が作り出す乳酸や酢酸は腸内を酸性にし、酸性環境の苦手な悪玉菌を減らしてくれます。

さらに腸のはたらきを活性化し、消化吸収やぜん動運動もうながしてくれるため、便秘の改善にもなります。

免疫力を高める働きから、花粉症などのアレルギーに対する効果やインフルエンザなどの感染症予防としても注目されています。

また、中性脂肪・血中コレステロールの低下といった働きも知られてきました。

近年、乳酸菌はプロバイオティクス(腸内細菌のバランスを改善することによって健康によい影響を与える微生物)として注目されています。

まとめ

腸活をするにあたって乳酸菌の働きを知ることは最低必要です。
乳酸菌は腸の中では善玉菌であり、悪玉菌を退治してくれるのですね。

乳酸菌をしっかりとって健康な体を作りたいと思います。

スポンサー

 - 腸活