Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

乳酸菌はダイエットの強い見方・痩せやすい身体を作ります

   

乳酸菌を採ると、痩せやすい体質を作ってくれるというけど、どんな理由でダイエットできるのかしら。
不思議です。
教えてください。

乳酸菌はダイエットの強い見方

ダイエットで大事なことは、食べた分のエネルギーをしっかりと消化することです。

痩せるためには、単純に食べる量を減らせばよいということではありません。
もちろん、摂取するカロリーを抑えることも必要ですが、摂取カロリーを極端に減らすと必要なエネルギーをとることが出来ず、体のいろいろな部分に悪影響を与えてしまいます。

理想は食べた分のエネルギーがきちんと消費できることです。そうすれば、太ることもないのです。

摂取カロリーと消費カロリーのバランス

理屈は分かっていても、食べた分だけカロリーを消費するために運動をするという事は簡単ではありません。

そこで、考えられるのは「基礎代謝率をアップする」ということです。

基礎代謝率をアップさせることがダイエットには効果的

基礎代謝率を上げるためには、血行をよくし、内蔵機能をよくして消費カロリーを高め、不要な物は溜め込まず、きちっと排泄をする。
このようなエネルギー効率の高い体にする事が必要です。

そのためには、腸内環境を整えることがとっても大事なのです。

ダイエットの為には町内環境を整えることが大事

腸内環境を整えるためには、腸の中の善玉菌を増やし、便秘や下痢をなくして腐敗物をしっかりと排泄し、腸の血行をよくして栄養分の消化・吸収を助ける。
その為には、乳酸菌やビフィズス菌によって「腸内環境」を整えることは非常に大事なのです。

太りやすい人と太りにくい人はどこが違うのか?

太っている人と痩せている人の違いは、腸内細菌の種類の違いだと言う研究発表があります。

腸内細菌のある一群は「ファーミキューテス類」と「バクテロイデーテス類」に分類することができます。

太ったマウスと痩せたマウスを比べたところ、太ったマウスにはファーミキューテス類の腸内細菌が多く、痩せたマウスにはバクテロイデーテス類の細菌が多いということがわかりました。

この報告により、ファーミキューテス類は「デブ菌」、バクテロイデーテス類は「ヤセ菌」とよばれ、注目を浴びるようになりました。

痩せたい人はこの「デブ菌」を減らし「ヤセ菌」を増やすことで痩せやすい体質になるのではないかと考えられます。そのためにも、乳酸菌やビフィズス菌で腸内環境を整えることは効果的なのです。

乳酸菌は内臓脂肪や体脂肪を落としてくれます

内臓脂肪を落とすためには、食事や運動がポイントとなりますが、乳酸菌の中には内臓脂肪を低減させる効果が明らかなものがあります。
ラットによる実験でも報告がありますが、人の実験においてもその効果は証明されています。

まとめ

いろいろなダイエットの方法を試してみたが効果がなかなか出ない、うまく続けられないという人には、基本にもどって、食生活や生活習慣を見直すと同時に、乳酸菌やビフィズス菌によるダイエットをとりいれてみてはいかがでしょうか。

乳酸菌を採ると腸内環境を良くしてくれるんだね。
腸内環境が良くなると、基礎代謝率がアップしてエネルギーを消費しやすい体つくりになるのだね。
毎日、乳酸菌をとるのが難しい人にはサプリメントがお勧めだね。

スポンサー

 - 腸活 ,