Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

思春期ニキビと大人ニキビの洗顔の仕方は違います

   

大人ニキビと思春期ニキビの違いは何でしょう。
同じように見えるんですが、実は大人ニキビと思春期ニキビは大きく違います。

思春期ニキビと大人ニキビ

思春期のニキビとは、10代にできるニキビの事をいいます。
当然10代は青春真っ只中ですので、皮脂の分泌は多くTゾーンを中心にできます。

それに対して、大人ニキビとは20代以降にできる皮脂分泌の少ないUゾーンにできるニキビの事をいいます。大人ニキビは吹き出物とも言いますが、ニキビには違いありません。

思春期ニキビと大人ニキビが原因が違うので同じ洗顔料を使うと、ニキビが悪化する可能性があります。

それでは、それぞれの洗顔はどうするべきなのでしょうか説明します。

●大人ニキビの場合
朝と夜2回は必ず洗顔しましょう。

夜の洗顔
不衛生な事がニキビには一番悪いです。
洗顔をして余分な物を洗い落としてあげないと、化粧水や美容液の浸透も悪くなって乾燥してしまいますので洗顔は必ずしましょう。ただしあまり多い洗顔は肌にもよくないのできを付けましょう。
メイクはクレンジングで落としますが、クレンジングの中には多くの油分が含まれています。油分はニキビの大好物ですので必ず洗顔料を使ってきれいに落としましょう。

朝の洗顔
朝の洗顔関しては、乾燥肌・敏感肌の人と、そうでない人の洗顔方法は変わります。
乾燥肌、敏感肌の方は朝は皮脂量が少ないですよね。この状態で洗顔を行うとバリヤ昨日のある皮脂を洗い流してしまうため、お湯で洗顔料を付けずに洗いましょうね。

そうでない人については、朝もしっかり洗顔してもらって結構です。

●思春期ニキビの場合
10代は非常に皮脂が多いので十分の洗顔しましょう。
ただし、あまり洗いすぎて乾燥してしまった時は、保湿などは忘れないようにしましょう。

・お勧めの洗顔料
洗顔は、固形石鹸を使うことをおすすめしています。それは、固形石鹸に含まれる油分はチューブや泡タイプの洗顔料の約1/5と非常に少なく、肌に余分な油が残りにくいためです。

 - ニキビ , ,