Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

睡眠の質を高める為の成分があります

   

朝、気持ちよく起きるためには、睡眠の質を高める事が大事です。

睡眠の質を高めるためには、いろいろ気をつけない事を気を付けなければいけません。

睡眠の質を高めるためには、どんな事に気をつける必要があるのでしょうか、まとめました。

朝スッキリ目を覚ますために睡眠に質を高める成分をとりましょう。

睡眠の質を高める成分

毎朝スッキリしない、ちゃんと寝ても朝起きれない、朝が苦手で夜もなかなか寝付けない

そんな人にとって朝を強い人に変えるには、睡眠の質を高めるため成分をとることが一番の近道です。

睡眠改善を目的としたサプリメントはもちろん、食品から摂ることができる成分もあるので、ぜひ試してみましょう。

代表的な睡眠の質を高めるための成分

トリプトファン

トリプトファンって聞いたことありますか?イライラしやすかったり、眠れない、やる気が出ない、などで悩んでいる方の強い味方になってくれる物質です。

トリトファンっていったい何なのでしょうか?

トリプトファンとは、「必須アミノ酸」の1つです。人体では十分量が合成できず、トリプトファンが含まれる食べ物を摂取で補う事が必要です。

トリプトファンは、体内で「セロトニン」というホルモンを生成し、セロトニンは「メラトニン」というホルモンを合成します。セロトニンとメラトニンは体内の「概日リズム」に関与しています。

「概日リズム」とは、簡単に言えば「体内時計」のこと。たとえ暗いところで時計を持たずに生活しても、活動している時間と眠っている時間が約24時間のリズムで正しく繰り返されます。

これは元々体内で、体温や血圧、ホルモンの分泌など、人体の基本的な働きを約24時間のリズムで変化させているからなのです。この約24時間で繰り返されるリズムを「概日リズム」といいます。

トリプトファンの効果にはどんな効果があるのでしょうか?

ストレスに強くなります。

トリプトファンが代謝されてできる「セロトニン」というホルモンは、体内でさまざまな機能に関与しています。セロトニンの多くは消化管や血小板内に存在しますが、全体の2%ほどが脳内で神経伝達物質として働いています。

セロトニンは、前述した概日リズムや、睡眠・体温調整などの生理機能のほか、感情や気分をコントロールする働きもあります。セロトニンは不安や怒り、興奮する感情にブレーキをかける重要な役割を担っています。

自分の思い通りにならないことが増えるとイライラしてストレスが溜まりますよね。そんなとき、イライラを抑える役割をしてくれるのがセロトニンということ。つまり、トリプトファンを摂取することでセロトニンが増え、ストレスを感じても感情をコントロールできるということです。

睡眠の質が高めます

トリプトファンが代謝されてできる物質は「セロトニン」と「メラトニン」というホルモンだということ、また、両方とも概日リズムと深い関係のある物質だということは前述しました。昼間活動して夜眠るという概日リズムを正常に働かせるには、セロトニンとメラトニンが欠かせません。

セロトニンが働いていると覚醒状態を継続させることができますが、眠り始めるとセロトニンの活動は弱くなり、やがて消失します。一方メラトニンは、脈拍・体温・血圧などを低下させる働きがあります。日中強い光を浴びることで減少し、夜、暗くなってくるとセロトニンからメラトニンが合成され、分泌量が増えるため、体が睡眠に向かうという仕組みです。

メラトニンが十分に分泌されていれば、朝まで良質な睡眠を継続させることができます。つまり、トリプトファンが体内に十分量あれば、スムーズに眠りにつき、良く眠れるということです。

まとめ

朝、すっきり起きれない人にアドバイスです。

まずは睡眠の質を高めましょう。睡眠の質を高める事により、体の中にある体内時計を正しくできます。

体内時計をリセットする方法としては、光目覚ましを使って光を浴びてリセットする方法もありますよ。

 - 快眠と気持ちいい目覚め