Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

朝の眠気をとる飲み物は?

   

睡眠で何時間もじっとしていると朝は汗をかいています。大体300mlの汗をかいているのです。

朝気持ちよく起きるためには、朝の眠気をとる飲み物をとりましょう。

朝起きたら、水を一日飲みましょう。

眠気をとる飲み物

人は寝ている間にコップ一杯程度の汗をかいています。水分が足りないと血液がドロドロになり、血管が詰まりやすくなってしまいます。朝一杯の水を飲むことによって脳梗塞や心筋梗塞で倒れる危険を避ける事ができます。

ここで注意したいのは、その水の飲み方です。

水は冷蔵庫に入っている冷たい水ではなくて、常温の水をコップ一杯飲みましょう。人間の身体は寝ている間に低温になっていますので、冷たい水を飲むと余計に体温が下がってしまって、目覚めが悪くなってしまいます。

朝にあまり飲むことをお勧めしない飲み物をまとめました。

朝によく飲みがちな”飲み物が、本当は飲まない方がいいものだったりしますので紹介しておきます。

コーヒー

毎朝のコーヒーは目覚めが良くなってスッキリしそうなイメージがありませんか。しかし、実はカフェインは朝一番に取らない方が良いとも言われています。コーヒーを飲むときは、時間帯に気を付けてみましょう。

朝8時から9時の間のコーヒーを飲むのは、体が必要としていないときにカフェインを摂取してしまいます。怖いのは、継続すれと体のカフェインに対する耐性を高め、カフェインが効きにくい体になってしまいます。その結果、カフェインを過剰摂取するようになりがちなので朝はあまりコーヒーは飲まない方がいいそうです。

柑橘類のジュース

朝のフルーツやジュースは、美容と健康に良いと言われています。しかし、オレンジジュースなど柑橘系の果物を朝外出する前に飲むのは控えましょう。

柑橘系の果物には、ソラレンという物質が含まれており、それを摂取すると肌が紫外線を吸収しやすくなるというデメリットも存在しています。柑橘系のジュースを飲んで色が黒くなるのもイヤですよね。

ほかにも、ソレランが多く含まれている果物や野菜は朝は避けたほうがいいでしょう。

朝にスムージーを飲む習慣がある方も、食材選びに注意してくださいね!

栄養ドリンク

「朝食の代わりに栄養ドリンクを」「ちょっと体がだるいから」そんな理由で選ばれる方が多いと思いますが、栄養ドリンクはカフェインが主成分で、その効果により一時的に体が楽になったかのように感じられるものの、疲れが取れた訳ではなく体に貯蓄されているだけなんです。朝は避けた方が良い飲み物ですよ

朝飲むことがお勧めの飲み物をまとめました。

白湯

白湯は内臓機能を温める効果があるので、全身の血の巡りがよくなり基礎代謝が上がります。内臓機能が温められることで消化作用を促進し、体内の老廃物を流す効果が期待できます。女優たちの間でも流行の白湯、取り入れてみては!

牛乳

牛乳を朝飲む習慣がある人は多いと思いますが、これはOKです。特に便秘気味、腸の調子が悪いという方におすすめの飲み物です。

豆乳

ダイエットや冷えの改善には朝の豆乳もおすすめです。ご存知の通り女性ホルモンに似た作用をするイソフラボンが含まれているので、体の調子を整えてくれます。朝は豆乳を飲んでみてはいかがですか?

豆ペプチドには脂肪の燃焼を促し、基礎代謝を高める働きがあります。よって、朝の豆乳は、通勤などの軽い運動と相まって、脂肪燃焼効果をもたらします。

豆乳にはタンパク質が豊富に含まれているので、毎朝の習慣にしてしまえば温活効果もバツグンです。

トマトジュース

朝はジュースを飲みたいという方はトマトジュースを飲みましょう。柑橘系ジュースと違ってトマトジュースは美肌効果が高く、朝飲めば紫外線による肌のダメージを防いでくれるので効果的ですよ。

注目したいのがトマトに含まれる“リコピン”。リコピンには強い抗酸化作用があり、メラニンの生成を促進する活性酸素を取り除く働きがあります。さらに、活性酸素はコラーゲンを分解する酵素の産生をも促進するので、活性酸素を除去する働きがあるリコピンは、夏の美肌対策の強い味方になってくれます。

リンゴ酢

ダイエットにも良いと言われる果実酢は、朝に飲んでもOK。美容と健康にも効果が高いので、挑戦してみてくださいね!

リンゴ酢には、新陳代謝を活発にしエネルギーを発散させてくれる働きのほか、栄養成分が過剰に体内に溜まるのを防いでくれる効果があるので、デトックスはもちろんダイエット中の人にもオススメしたいドリンクです。

 - 快眠と気持ちいい目覚め