Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

内臓脂肪の落とし方

      2019/08/04

内臓脂肪の落とし方

はじめに

体につく脂肪はすべて同じ種類の脂肪ではないのです。内臓脂肪と皮下脂肪に分かれます。

この2種類の脂肪の中でも、内臓脂肪は放っておくと危険な脂肪なのですが、その理由はどうしてなのでしょう。

また、簡単に内臓脂肪を落とす方法はないのでしょうか?

ツイッターでこんな発言をしました。内臓脂肪の落とし方について調査してみたいと思います。

内臓脂肪とは

内臓脂肪とは

食事などから摂取した栄養は消費されないと残ってしまいます。この消費されずに残って栄養である糖や脂質は脂肪となって蓄積されてしまいます。そのうち、おなかを中心とした内臓のまわりに蓄積される脂肪を「内臓脂肪」と言います。

では、内臓脂肪と皮下脂肪にはどんな違いがあるのでしょうか。

肥満には、内臓脂肪が蓄積された体型(リンゴ型肥満)と皮下脂肪が蓄積した体型(洋ナシ型肥満)の2つのタイプがあります。どちらの肥満体型も中年世代以上に多く見られるのですが、男性はリンゴ型、女性は洋ナシ型の肥満になりやすいと言われています。これらの肥満は外見的に違いがあるだけではなく、原因や性質も違います。

内装脂肪肥満と皮下脂肪肥満の違い

内臓脂肪が原因のリンゴ型肥満

  • おなかの内臓周辺に脂肪が蓄積します。
  • 上半身に多く脂肪がつきます。
  • 脂肪はつきやすく、減らしやすいです。
  • 血圧、血糖、コレステロールなどの複数の健康リスクを抱えやすくなります。
  • 男性に多い肥満のタイプです。

皮下脂肪が蓄積した洋ナシ型肥満

  • 皮膚と筋肉の間に脂肪が蓄積されます。
  • 下半身に多く脂肪がつきます
  • 脂肪はジワジワとつき、減らしにくいタイプです。
  • 二の腕やお尻、太ももにも脂肪がつきやすいタイプです。
  • 女性に多い肥満タイプです。

年齢とともに内臓脂肪がつきやすくなります

年齢を重ねてくると、「最近太りやすくなった気がする」「食べる量は変わっていないのに」と思う人が多くなってきます。その原因は基礎代謝量の低下です。基礎代謝とは、生きていく上に必要なエネルギー消費なのですが、この基礎代謝量は、加齢により身体機能の低下とともに減少していきます。すると摂取した栄養を消費しきれなくなり、脂肪がつきやすくなるのです。

加齢に伴う基礎代謝量の低下

内臓脂肪はつきやすい、でも減りやすい

内臓脂肪は、皮下脂肪と比べて「つきやすく、減りやすい」という特徴があります。内臓脂肪をため込む原因になりやすい、食生活や運動などの習慣を改善することで減らせます。具体的にどんな方法があるのでしょうか。

内蔵脂肪を減らす方法

運動をする(散歩)

内臓脂肪を減らすためには運動を取り入れることが大事です。しかし運動といっても筋トレのような激しい運動ではありません。ランニングなどでもしなくてよいのです。簡単な散歩でいいのです。

毎日1時間程度、散歩の習慣を取り入れてください。できれば少し早足の散歩がお勧めです。

散歩は酸素を体の中に多く取り入れる有酸素運動になります。この有酸素運動が内臓脂肪を減らすためには有効なのです。

内臓脂肪対策に散歩は効果的

たんぱく質の摂取が効果的

お肉などのたんぱく質は、太るイメージがあるかもしれませんが、実は脂肪燃焼には効果的な食べ物なのです。たんぱく質を摂取することで、筋肉を増加させることができます。筋肉を増加させると代謝が増えるので脂肪を燃やしてくれるのです。年齢を重ねるとどうしてもお肉などのたんぱく質を摂らなくなりますが、脂肪を燃やすためにもたんぱく質を積極的に摂ってください。

カテキンを多く摂る

適度に運動している人は、「カテキン」と呼ばれる緑茶の含まれる抗酸化物質を摂っていると、摂っていない人よりも、運動中のおなかの脂肪が燃えやすくなるようです。

食物繊維を多くとる

食物繊維を多くとりましょう。食物繊維を多くとると、数年後には内臓脂肪が大幅に減少させることが可能だとのデータがあります、

以上のように内臓脂肪を減らすためには意識して、散歩などの有酸素運動、たんぱく質中心の食生活、お茶を飲む習慣、食物習慣をとる習慣を身につけてみましょう。

内臓脂肪は皮下脂肪に比べると圧倒的に落としやすいので、意識して活動すれば比較的楽に落とすことができます。

そのほかにもダイエットをサポートするサプリメントなどを利用するものお勧めです。

個人差はどうしてもあると思うので、いろいろ試してみてくださいね。

内臓脂肪を落とすためのお勧めサプリメント。グッズ等

ダイエット茶で内臓脂肪を減らしましょう

内臓脂肪を落とす方法のひとつに、普段のお茶をダイエット茶に変えるほうがあります。

基本的に、ダイエット茶を飲むことによって腸の中に大量に溜まっている宿便を出してしまうことができます。

宿便を出し切ることによって、腸の壁は栄養を吸収しやすくなるので、脂肪を身体に溜め込まない体質を作り上げることができるのです。

腸に栄養が吸収されやすくなることは太りやすくなるのではないかと勘違いしている人も多いと思うのですが、実際には逆です。

ダイエット茶を飲むことで腸内がスッキリして痩せやすい体質を作ることによって内臓脂肪を減らすことをオススメします。


その他にもダイエット茶・便秘解消茶の情報をまとめています

腸内環境改善サプリで内臓脂肪を減らしましょう

腸内環境が悪いとどうしても内臓に脂肪を溜めやすくなります。

腸の中はには100兆個もの菌が生息するのですが、この中には悪玉菌と呼ばれる菌、善玉菌と呼ばれる菌、日和見菌と呼ばれる菌がそんざいします。

悪玉菌と呼ばれる菌が腸の中で優勢になると、身体に脂肪を溜め込みやすくなるのです。

悪玉菌を減らすためには腸の中を善玉菌優位の環境にしなければいけないのですが、その為には、腸の中に善玉菌を多くするサプリメントを取り込んだり、善玉菌のえさになる成分を含みサプリメントを与えてあげるのが効果的です。



その他にも腸内環境改善サプリの口コミをまとめています

骨盤を正しい位置に戻して内臓脂肪を減らしましょう

内臓脂肪を減らす方法に一つに歪んだ骨盤を元の位置に戻す方法があります。

女性の場合、特に骨盤が歪みやすいのですが、骨盤が歪むと内臓が下の方に下がってきます

骨盤の開きによって内臓が下がる

内臓が下のほうに下がってくると血液・リンパに流れも悪くなるので、下半身に水が溜まって太ってしまうのもありますし、脂肪も元の位置にあるのに比べて溜まりやすくなるのです。

骨盤を元の位置に戻してあげる方法は数多くありますが、骨盤整体に行かなくても骨盤矯正を行う方法があります。

骨盤ショーツを常に身に着ける方法です。

常に身に着けるので、骨盤が少しずつ元の位置に戻ってきますし、骨盤が歪んでいなくても内臓が下に落ちてポッコリお腹になってしまう様な状況を防ぐことはができます。

下半身太りに関係ないようなタレント達、モデル達、芸能人達の間でも骨盤ショーツを普通の下着代わりに使っている人が多い理由もわかりますね。

スポンサーリンク)

フライビシットの口コミ情報をまとめたページはこちらです

まとめ

以上のように内臓脂肪を減らすためには一番は運動と食事制限ですが、その他の補助製品を利用して減らすことができる物が多く存在します。

食事制限、運動という努力の必要な物も当然必要ですが、この記事で紹介したようなサプリメント等を有効に利用することによって、その効率を上げることができます。

ぜひとも参考にしてくださいね。

 - 体の悩み