Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

スイカの利尿作用がむくみには効果的

   

夏におなじみのスイカは実はむくみの解消に効果的な食べ物なのでした。

スイカの利尿作用はむくみに効果的

スイカの効能について

スイカには多くの効能があります。カリウム、βカロチン、グルタチオン、リコピン、シトルリンが含まれているので、その効果としては、疲労回復、がん予防、視力低下防止、シミソバカス防止、心臓病や高血圧に良いとされています。

むくみの正体

むくみの正体は何なのでしょか?

実は、むくみの中には体内の成分が溜まっているのです。むくみの中身の成分は、元は血液中に存在した成分なのです。

すなわち、この本来なら血液中にある成分が何らかの影響で血管やリンパ管の外に染み出して、顔や手足など身体の末端の皮膚の下に腫れとして蓄積する現象が「むくみ」なのです。

むくみの一般的な治療方法

医療の現場では「むくみ」の解消の為には利尿剤を利用します。

利尿剤とは利尿薬とも呼ばれるのですが、一般的に尿量の少ない症状に対して、尿量を増加させる目的で利用されます。

この様に「むくみ」が利尿剤で治ると言う事は、「むくみ」の腫れに溜まった水分は、本来は尿として体外に排出されるものだと考えて間違いありません。

この結果として「むくみ」を解決するためには、利尿する必要があることが理解できます。

一般的に利尿作用を求める場合は、カリウムは良く使われます。

スイカの利尿効果が、むくみに効果的

「スイカ」の利尿作用は、カリウムではありません。「シトルリン」と呼ばれるスイカに含まれる成分の働きなのです。

シトルリンの正体は、アミノ酸の一種です。実は、このシトルリンが今、大きな注目を浴びている成分なのです。

まとめ

むくみの正体は細胞間の水分が増えてしまうのが原因なのですね。

梅干しはむくみ解消に効果的かの記事にも書きましたが、塩分が多いと水分は細胞の外にあふれ出し「むくみ」が発生します。逆にカリウムを摂取すると、細胞の中に水分は吸収されます。

いずれにしろ、その水分は尿として外に出されないと「むくみ」が発生してしまいます。

尿を外に出すためには、利尿作用のある成分が必要なのですが、その為に効果的なのがスイカの成分であるシトルリンだという事がわかりました。

しかし、スイカは夏の果物のイメージが強く、いつでも摂取するためには、スイカの成分を豊富に含んだむくみ解消サプリを利用るのが効果的なのでしょうね。

スポンサーリンク

 - むくみの悩み