Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

デスクワークでの足のムクミは椅子の高さを変えて解消できますよ。

      2020/01/11

デスクワークをしている女性の中には、会社が終わる頃には足がパンパン。

仕事帰りに遊びに行きたくても足のムクミがひどいとファッションも似合わないと悩んでいる女性たちも多いのではないでしょうか。

実はこの足のムクミを解消する方法があるんです。

椅子の高さを変えてみてください。

椅子の高さとムクミの関係

デスクワーク中心の方のムクミ解消法は椅子に座っている環境を改善する事です。

ムクミは立ち仕事だけではなくて、デスクワークの様な同じ姿勢の仕事をしている人にとっても起こります。

毎日6時間以上のデスクワークをした後、帰宅時間も夜遅いようであれば、その日のムクミが翌日に持ち越してしまってむくみが蓄積してしまいます。

あなたのイスの高さは高すぎていませんか?

デスクワークをする時に、足の裏は床にピッタリついていますか?

足の裏が宙に浮いたような状況であると、ひざから太ももの裏側に圧力がかかってしまいます。

脚の重さで太ももの後ろが圧迫されて、血流が悪くなることによりむくみが発生してしまうのです。

デスクに椅子が調整可能な椅子であれば、座面の高さを低くしてみてください。

血流が改善されてむくみが改善してくるはずですよ。

理想としては、足が床にぺったりつく位置よりもさらに低めにしてください。ひざ裏に少し隙間ができて浮いている状況にあるのが理想です。

イスが調整できなくても、ヒールの高い靴を履くのは止めましょう。

ヒールの高い靴を履くと、脚の筋肉が緊張状態になってしまって、血流が悪くなってしまいます。

足元に厚めのマットや板、箱などを置いて、太ももの裏側を圧迫しないように工夫をしてあげましょう。

デスクワークの時にはリラックスできる靴を選んであげましょう。

座っている時は足首を回してみましょう

足首をぐるぐる回すことによって、太ももの筋力アップと血流改善に効果があります。

筋肉量が少ないと、リンパや血液を送り出す力が足りなくてむくみやすくなります。

むくみを改善するためには、筋肉は多い方がいいですし、運動を取り入れて血行を良くしてあげる事が大事です。

デスクワークをしていると日中は座りっぱなしの姿勢が続いてしまうと思いますし、なるべく同じ姿勢にならないように気を付けましょう。

脚の筋肉を動かしたリもんだりして、血行を良くしてあげる事が大事です。

まとめ

脚のむくみの原因は、血流が悪くなるのが一番の大きな原因です。

太ももは第二の心臓と呼ばれていますが、この太ももが健全に働いていないと、脚がむくんできます。

脚がむくんでくると、体は痩せているのに下半身だけが太っている下半身デブにもなりかねませんし、健康的にも良くありません。

むくみ解消の為にできる事は色々ありますが、デスクワークをしている方であれば、今回の記事のように椅子を低くして、脚の血流を良くしてあげると言うのは良い方法ではないでしょうか。

スポンサーリンク

 - むくみの悩み