Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

むくみが発生する原因は

   

足とか太もも、ふくらはぎといった所の“むくみ”が気になるという経験はありませんか?

むくみ”の正体について

ただなんとなく“水分で腫れている”という認識はあると思いますが、

  • その“水分”の正体は何なのでしょうか
  • 腫れのはどんな理由なのでしょうか。
むくみが発生する原因

むくみの水分の正体は?

むくみを引き起こしている水分は、細胞を満たしている“細胞間質液(または組織液)”という液体なのです。細胞間質液は血管を流れる血液の一部が血管の外に出た液体で、細胞に酸素や栄養を運んだり、細胞の老廃物を取り込んで排出する働きがあるものなのです。

むくみが起きる原因は以下の3つがあります

  • 動脈から出てくる細胞間質液の量が多いため
  • 細胞間質液がリンパ管へ排出される量が少ないため
  • 細胞間質液が静脈へ戻る量が少ないため

むくみができる原因について

長時間同じ姿勢でいることによるむくみ

静脈の血液の流れやリンパの流れは、筋肉の収縮のみがポンプとして働きます。長時間立ったままでいたり座ったままの姿勢でいたりすると、重力の影響に加え、筋肉のポンプとしての働きがなされなため、細胞間質液が滞り、むくみが生じます。

筋肉の衰えが原因でむくみが発生します

高齢の人や運動不足の人は筋肉の減少・衰えが見られると、“むくみ”になりやすくなります。これは筋ポンプ作用が弱くなり静脈やリンパの流れを滞らせるためです。

冷えが原因となるむくみ

体の冷えがむくみに繋がります。これは体が冷えることで“血行不良”、“筋肉のパフォーマンス低下”が現れ、その結果、細胞間質液が滞り、むくみが生じます。

塩分の摂り過ぎが原因になるむくみ

塩分を摂りすぎると水分を体に溜め込もうとします、結果として水分を十分排出できなかったり、喉の乾きという信号が現れます。その結果、体内の水分量の増加に伴い細胞間質液の増加につながるのです。

アルコールの摂取によるむくみ

アルコールを摂取した次の日に顔がパンパンに腫れてしまいませんか。アルコールがむくみを引き起こす原因になります。アルコールは血管を拡張する性質があるため、動脈から水分を通しやすくなり、細胞間質液の量が増やしてしまいます。また、アルコールは脱水効果があり尿の量が増えますが、水分を排出した後は喉が渇くため水分を摂取します。しかし、体内の水分量を判断する機能が低下しているため、必要以上に摂取してしまい水分過多となり、これがむくみの原因となります

たんぱく質の不足が原因のむくみ

摂取したタンパク質の一部は、分解されて“アルブミン”という物質になります。アルブミンは血管内の血液中に存在しており、血液中のアルブミンの濃度が低いと浸透圧の影響で細胞間質液が増加し、むくみが発生します。

内臓疾患によるむくみ

むくみは心臓、肝臓、腎臓など、重要な内臓の疾患のシグナルとなることもあるので周囲が必要です。

スポンサーリンク

 - むくみの悩み