Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

無呼吸症候群を治す方法

   

慢性的に起こるいびきのなかには、身体に危険な場合もあるので注意が必要です。

睡眠時無呼吸症候群といって、身体に様々な問題が出てくる恐ろしい症状です。

睡眠時無呼吸症候群の定義は「一晩(7時間)の睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上おこる。または、睡眠1時間あたりの無呼吸数や低呼吸数が5回以上おこる」という事です。

無呼吸症候群

実際、息を止めていたら、ものすごく苦しいですよね。
睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に呼吸が断続的に止まる症状が繰り返される病気なんです。

そのせいで睡眠が十分にとれず、日中の眠気や集中力の欠落、活力がなく居睡をしがちになるなどの弊害が起こります。
車の運転をする人がこの病気に侵されていると、交通事故などを起こしかねないので注意が必要です。

この病気は、治療する必要があります。

放置していると命にかかわることがあります。

睡眠時に呼吸が数十回以上も止まるようであれば、体内で酸素不足が起こります。
酸素不足が起これば「寝苦しい」「息苦しい」などの症状が現れ、
何度も夜間目を覚ますことになり睡眠不足になります。

また酸素不足は循環機能に負担をかけます。
不整脈、高血圧、心不全、糖尿病など他の病気も発症しやすくなり、
事故や突然死などが考えられます。

このように、無呼吸症候群には様々な問題がでてくるのです。

最悪の事態を避けるため、睡眠時に無呼吸になっていないかどうか、
そばにいる人によく観察してもらうようにしてみましょう。

 - 快眠と気持ちいい目覚め