Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

ムーディ勝山のエピソード・現在の活動状況

      2019/06/15

ムーディ勝山

ムーディ勝山さんは、平成19年に「右から左で受け流す」で大ブレークしたお笑い芸人です。

そんなムーディ勝山さんについて、エピソード、現在の活動状況を紹介したいと思います。

ムーディ勝山

  • 生年月日:1980年6月11日生まれ
  • 血液型:O型
  • 身長:172cm
  • 出身地:福岡県柳川市→滋賀県大津市→大阪府高槻市
  • 出身校:私立金光第一高校
  • 特技:歌、ナレーション

 

ムーディ勝山の略歴

  • 05年(25歳)勝山梶(→アイスクリーム)を結成(→10年解散)。
  • 07年(27歳)ムーディ勝山としてブレイク。

ムーディ勝山・幼少時期のエピソード

  • 3人兄弟の末っ子で、姉と兄がいる
  • 高校時代不登校になった経験がある
  • 学生時代は野球部に所属していた

ムーディ勝山の私生活

  • 好物:たこ焼き
  • 健康法:タイ古式マッサージ
  • 洋服・帽子が大好き
  • カラオケの十八番:コブクロ
  • 意外と人見知り
  • 巨乳の女性が好きらしい

ムーディ勝山の人間関係

  • 小島よしお:友人
  • 小島よしお、藤崎マーケット、にしおかすみこが同時期にブレークした

ムーディー勝山のエピソード

  • ブラブラしているのを見かねた母親が勝手に応募してNSCに入った(23期)
  • 2006年ブレーク前の年収は24万。服をお金が無かったので先輩のおさがりを着ていた。
  • 2007年初めまで牛丼屋でアルバイトをしていた
  • 先輩の結婚式の余興で披露した「ムーディ勝山」のネタを見た今田耕司の推薦でテレビ番組に出演するようになった。
  • 右から来たものを左へ受け流すの歌」は自宅で鼻歌を歌っている時に浮かんだ。忘れないように携帯ですぐに録音した。
  • 「右から来たものを左へ受け流すの歌」は着うたで240万ダウンドードを記録。
  • 「右から来たものを左へ受け流すの歌」がiTunesダウンロードランキング2位を記録。
  • 2008年に発売したDVDは数百枚しか売れなかった
  • ピーク時の最高月収は640万円
  • ブレイクの期間は2007年の1年間。08年になると仕事が減っていった。

ムーディ勝山が消えた理由とは

あれだけ大ブレークしていたムーディ勝山さんはどうして、急速に消えてしまったのでしょうか。

その理由を「しくじり先生」で告白していましたね。

ムーディ勝山さんはピン芸人のイメージが強いのですが、実は、ブレイク当時はコンビ芸人だったそうです。

しかし、仕事が来るのは「右から左へ受け流す」がブレイクしたムーディ勝山さんだけだったそうです。

そんな彼は当時天狗になってしまったのですね。こんな言葉を相方に投げつけたそうです。

「俺のお陰でお前も食えてるから感謝しろ」

「俺が出ている番組は全部見ろ」

「お前は俺を引き立たせるために地味な衣装にしろ」

「俺はウケるけど、お前何すんの?」

本当に当時としては相方を人間扱いしていなかったのがわかりますね。

この様な性格の悪さは業界でもおそらく隠すことは難しいのではないでしょうか。

そんな所から少しずつ仕事が減ってきてしまったと本人が「しくじり先生」で告白してましたね。

ムーディ勝山の現在の活動

ムーディ勝山の現在

現在は写真の様な活動もしているようですね。

でも、現在(2018年時点)ではラジオを中心に多数のローカル番組をもって活躍しているとのことですよ。

ラジオのレギュラー番組5本と地方ローカル番組1本をもって活躍中

  • 『それいけミミゾー』
  • 『ムーディ勝山のおもてなしGo Round』(e-radio)
  • 『ロケットぱぁんちG』(TSCテレビせとうち)
  • 『しが鉄』(NHKしが)
  • 『ムーディ勝山の受け流さないラジオ』(かつしかFM)
  • 『High! MORNING!』(ZIP-FM)

ご本人曰く、”何をやっても”平均点を叩き出せるタイプだそうで、ラジオ出演を続けるうちに地元テレビ局に声をかけられることも増えたんだとか。

現在も活躍されていって安心しましたね

KIREIMO

 - 雑記