Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

水虫の初期段階の症状は?

      2019/11/17

足の指の間が痒い、足の裏に水虫が出来ている、なんかいつもと足の感覚が違う。そんな症状を感じたら水虫を疑ってください。

今回の記事では、水虫の初期症状について書いて行きたいと思います。

水虫初期症状

水虫に感染しやすい人の特徴とは

水虫と言うと中年の男性の病気だと思っている人は多いと思います。

しかし、その認識は大きな間違いなのです。実際には女性にも非常に多い皮膚病なのです。

中年男性に多いと思われているのには理由があります。

中年男性の場合、通気性の悪い革靴を履く時間が長く、高温多湿を好む白癬菌が繁殖しやすい環境が整いやすいので、中年男性の方が水虫になりやすいと思われているからなのです。

中年男性の水虫

しかし、高温多湿の状態であれば中年男性に限らず女性でも同じように水虫にはかかります。近年では女性でも多くの人が水虫になっています。しかし女性の場合は皮膚科に通院するのに抵抗を感じる人が多く他の人、特に家族に感染させてしまう事も多い皮膚病なのです。

水虫の大きな特徴は再発する事が多い皮膚病だという事です、いまでは日本人の5人に1人が水虫に感染していると言われています。水虫初期の段階で根絶するように努力しましょう。

水虫の初期状況について

水虫の初期症状に関しは、しかん型水虫と小水疱型水虫がほとんどです。

水虫は症状が進行すると、足の裏の皮膚がカサカサになる角質増殖型水虫や爪水虫になり治療期間が長引きます。

水虫の症状;かゆみ

足の指の間がグジュグジュになり強いかゆみを感じます。

この症状は水虫の症状の初期段階の代表例とります。

足の指の間にかゆみを感じたら水虫を疑いましょう。

水虫の初期状況に関しては、かゆみを伴う事が一般的ですが、なぜ痒くなるのでしょうか。

実は、その原因は身体の免疫反応が原因なのです。

水虫は皮膚の角質層に存在するケラチンを餌にしています。

ケラチンが溶ける事によって、体は菌が角質層に存在する事を認識します。

その認識が免疫反応としてこの菌を攻撃するため化学物質が角質層に送り込まれます。その化学物質が毛細血管や神経を刺激しかゆみを発生します。

水虫自身がかゆみを発生しているのではなく、水虫を排除するための免疫システムがかゆみの原因となっているのです。

水虫の症状:水ぶくれ

足の側面や、つちふまずに小さな水ぶくれが発生します。

この症状も水虫の初期段階におきる症状です。

小さな水ぶくれは水虫の初期状況を疑いましょう。

足の裏の水ぶくれ

水虫の症状:皮がむける

足の裏や指の間などの皮が剥けやすくなります。

乾燥時期でない梅雨の時期などに、足の皮がめくれたりする状況が発生している場合は水虫を疑いましょう。

水虫は自然治癒はしません

多くの人は水虫の疑いは感じていても、足がかゆいだけでは受診しない事がほとんどです。

しかし、水虫は一度なってしまうと自然治癒はしないという事を理解しておきましょう。

高温多湿の状況で何もしないと、水虫はどんどん進行していきます。

同じ水虫でも初期状況である、しかん型水虫、小水疱型水虫の状況で対策を打たないと、かかと水虫、爪水虫の様になってしまい。治癒に時間がかかりやすくなってしまいます。早めの対策を打つことが大事です。

水虫の初期症状の段階の治療方法

水虫にかかったなと思ったら早めに対策を打ちましょう。

その対策も対処療法的な治療方法では、治ったとしてもすぐに繰り返し再発してしまいます。

早い時期であれば、根本治療を行いましょう。

根本治療とはどんな方法の事を言うのでしょうか。

水虫の繰り返さない肌環境を作って、水虫を繰り返さない様にしようという事です。

その為には市販の水虫治療薬では根本治療は困難なので、ネットで評判の水虫根本治療薬を使いましょう。

水虫初期段階の状況であれば根本治療は難しくはありませんが、水虫の初期段階で治療を怠ると、かかと水虫の様な角質層の奥深くまで水虫が浸透する状態になってしまいます。

このような状態になると、水虫治療に時間がかかりますし、水虫の悪化の最終段階である爪水虫まで悪化すると根治は難しくなります。

いずれにしても。水虫の初期状況の段階で治療を行わないと長期戦になってしまいます。

水虫かなと思ったら早めの治療を行いましょう

まとめ

今回の記事では水虫の初期段階での症状とその対策に関して記事にしました。

水虫は初期段階では、そのかゆさであったり、痛さに悩まされますが、そのまま放置しておくと、かかと水虫、最悪爪水虫でと悪化していきます、

爪水虫の段階まで悪化すると根治はなかなか難しくなります。

早めの対策を行えば、水虫は根治の可能な皮膚病です。しかし自然治癒はしない皮膚病でもあります。

その事を理解した上で、水虫のできない肌環環境を作るように早めの対策を行う事がとても大事です。

スポンサーリンク

 - 水虫の悩み