Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

水虫のついた靴下と他の洗濯物は別々に洗った方が良いのでしょうか

      2019/11/17

水虫のなった人のはいた靴下、なんか感染するような気がしますよね。一緒に洗濯するなんて問題外と思っていませんか。他の洗濯物にも移って家族も水虫になっちゃうかも。

水虫,洗濯物

水虫の人がはいた靴下は、他の洗濯物と分けて洗濯した方がよいのでしょうか。

結論としては、あまり心配しなくても大丈夫の様です。水虫の菌である’白癬菌’は洗濯をすると洗い流されてしまうそうです。漂白剤や特別な洗剤も必要ないようですよ。

人の皮膚の角質に根を張った白癬菌を取り除くのは本当に大変なのですが、靴下などの衣類の場合ですと繊維質に根を張ったとしても繊維質は柔らかいため洗濯による流水で綺麗に洗い流せます。そんなに心配しなくても良いようです。

どうしても洗濯だけでは気になる方は、こんな対処方法はいかがですか。

漂白剤などを利用してみましょう。

しかし、あまり多く使いすぎると、洗い流すのに水が多くいるので経済的ではありません。そのあたりを注意して利用してみてくださいね。

白癬菌は熱に弱いのです、洗濯前にお湯につけるのも効果的です。

しかし、実際に白癬菌が死滅するのは60度以上なのですが、かなり高熱になってしまいます。通常のお湯でも効果がありますので、やけどをしない程度のお湯で洗ってみてください。

白癬菌は紫外線や乾燥に弱いです。

水虫の原因菌である白癬菌は紫外線や乾燥に弱く死滅する事がわかっています。洗濯した後はしっかりと天日干しをして十分乾燥させましょう。そうする事によってすすぎをしても残った白癬菌を紫外線で殺菌できるので、より安心ですね。

ポイントのまとめです

  • 白癬菌は、特別になにもしなくても洗濯機の流水で十分に洗い流せます。
  • どうしても気になる場合は、60度以下の温水や、漂白剤を使いましょう。
  • 白癬菌は紫外線と乾燥に弱いので、洗濯後は天日干しにするのがお勧めです。

以上の点に気をつけて選択をすれば何も問題ありません。自分の靴下だけ、よけ者にさえる事もありませんね。

まとめ

スポンサーリンク

 - 水虫の悩み