Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

みたらし団子を漢字で御手洗と書く理由は?

   

みたらし団子

甘い醤油ダレがかかった丸い団子のことを「みたらし団子」といいます。

漢字で書くと「御手洗団子」と書きますが、「御手洗」、つまりトイレと何か関係があるのでしょうか?

みたらし団子は、京都市にある下鴨神社の境内にて、参拝にきた人に初めて販売されました。

串に団子が4〜5つ刺さった形は、境内にある御手洗池で水を汲んだ際、ボコッと湧き出てくる水疱が並ぶ様子に由来するのだとか。

ちなみに神社でいう「御手洗」とは、参拝者が神社を拝む前に水で手や口を洗い清めるところです。

トイレを「御手洗」というのも、便器という言葉を使いたくなかったからです。

用を足した後は手を洗うことから「御手洗」と呼ばれるようになりました。

「みたらし団子=御手洗=トイレ」と全てがつながるわけではないのです。

セレクション

 - 雑学・豆知識