Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

朝起きれないのは深い眠り【ノンレム睡眠状態】で起きようとするからです。

   

睡眠にはノンレム睡眠とレム睡眠があります。

ノンレム睡眠とは深い眠り、レム睡眠とは浅い眠りの事をいいます。

ノンレム睡眠

ノンレム睡眠とはどのような状況の事なのでしょうか

ノンレム睡眠とは、深い眠りのことを言います。

人は眠るとすぐにノンレム睡眠に入ります。

睡眠全体の80%の割合で出現し、眠ってから3時間程度の間のノンレム睡眠が最も深い状態なのです。

脳はリラックスしていますが身体は動かせる状態で、この間夢はほとんど見ません。

ノンレム睡眠中に、疲労回復や細胞を修復してくれる成長ホルモンが分泌されます。

このときに目覚ましなどで起こされると、眠りが深いのでとても寝起きが悪くなってしまいます。

レム睡眠とはどのような状況の事なのでしょうか。

レム睡眠とは、浅い眠りのことを言います。

眠ってから約1時間半でレム睡眠に入り、その持続時間は数分から長くても10分程度と長くありません。

身体はリラックスしている状態で、手足などはほとんど動かない状態です。

このときに夢を見ています

感情を安定させ、筋肉の疲労を回復させるのが進んでいる状態です。

脳は活発に動いているため、このときに起きると目覚めがいいと言われています。

上記に見てきたように、睡眠状態にはノンレム睡眠とレム睡眠があります。

朝寝起きが悪いのは、ノンレム睡眠の時に目覚ましが鳴ったりするからなんです。

本当に目覚ましってイヤですよね!

 - 快眠と気持ちいい目覚め