Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

朝起きれない人はカーテンを開けて寝て、朝日を浴びるのが効果的

      2020/01/11

朝起きれない人に提案があります。

一度試してみてください。

カーテンを開けっぱなしで寝てみましょう。必ず朝は早く起きる事ができますよ。

朝は毎日、同じ時間に太陽の光を浴びて体内時計をリセットする事が大事です。

カーテン 朝の光

野生の動物の世界では、眠たいからと言って起きないわけにはいかなにのです。

毎日、朝日と共に起きる事が本当に大事なのです。

しかし、人間の世界では、朝の光であったり、外の光を浴びると起きれないのでカーテンが発明されました。

その為に人間は朝起きれないのです。

一度、カーテンを開けっぱなしで寝てみましょう。

必ず朝は気持ちよく起きれますよ。

「朝、スッキリ目覚めたいですよね!」その為には、睡眠と覚醒の「リズム」をつくることが大切なのです。

私たちの体の中には、「体内時計」というものがあります。

この時計は、体のなかで約24時間周期のサイクルで動き、「眠る」「目覚める」のリズムを作り出しています。

朝がスッキリ起きれない人は、この体内時計がうまく機能していないのです。

この体内時計をきちんと動き出して方法はないのでしょうか?

もっとも良い方法は、毎朝「朝日」を浴びることです。

目が光を感知すると、体内時計に「起きる時間ですよ!」と知らせが届きます。

このとき体内時計がリセットされ、また最初から「約24時間」を刻み始めるのです。

この「スタート時間」を毎日揃えていくと、夜になると眠くなり、朝には目が覚める、というリズムを作れるのです。

体内時計を整えて良い目覚めを得るには、「徐々に明るくなる環境で寝る」のが一番なのです。

朝が来ても部屋が暗いままになる遮光カーテンは目覚めにくいアイテムなのです。。

逆に、光を通すカーテンは、朝日が登るとともにだんだん明るくなるので目覚めに最適。

爽やかな目覚めに向けて、「光を浴びられるカーテン」に変えてみましょう?

たいていの家庭では、カーテンは薄手のカーテンと厚手のカーテンの二重になっていますよね。

厚手のカーテンは、室内の気温を保つ効果があり、また外から見られないという「プライバシーの保護」役割も果たしています。

しかし、一方で朝の日光を遮断してしまうというデメリットも持っています。これでは体内時計のリセットに必要な日光を十分に取り込めないため、朝の目覚めも悪いものになってしまいます。

そこで薄手のカーテンだけを閉めて、厚手のカーテンを開けておく方法があります。

薄手のカーテンだけだと外から覗かれるから心配だとおもっていませんか?

でも安心してください。寝るときに部屋を真っ暗にしておけば、外から見られる心配もありません。また薄手のカーテンの多くは、「明るいところからは中が見えない」という、一種のマジックミラーのようになっているのです。

朝、電気を付けていない部屋の中は外よりも暗いですよね?したがってマジックミラー効果のおかげで、薄手のカーテンでも室内を外から見ることは出来ないのです。

ただし薄手のカーテンだけだと、部屋の保温効果が薄れますので、特に冬は暖かい格好をして就寝するようにしておきましょう。

 - 快眠と気持ちいい目覚め