Utbtrendまとめ!

気になる情報をまとめています。

メタボリックシンドロームと中年太りの関係

   

ダイエットと言えばスタイルが良くなって綺麗な服が着たいとか、綺麗に見えるようにしたいとか色々な目的があると思います。

でもダイエットしてスタイル良くなる事も大事なのですが、本当に健康の為にも痩せる事は大事なのです。

特に中年に待ってからのメタリックシンドロームはあなどれません。

今回はメタリックシンドロームについて記事にします。

メタボリックシンドローム

メタリックシンドロームとは?

メタボとは、内臓に脂肪がたまり、腹部が肥満する事により、高血圧、高血糖、脂肪異常症(高脂血症)などの症状が一度に複数出る事を指します。メタボリックとは代謝の意味です。すなわち代謝異常の起きていることを示します。男性と女子の割合でいうと男性の方が多いのですが、40~74歳の男性で2人に1人、女性の場合5人に1人が「メタボリックシンドローム」とその予備軍と言われます。

メタボリックシンドロームは身体にどの様な影響を与えるのでしょうか?

メタボリックシンドロームは心筋梗塞や脳卒中などの死に直結する生活習慣病の引き金になる可能性がります。そのような重病にならないケースでも、病気の程度が軽いと思い放置しておくと将来、頭や心臓の血管の病気の起こる確率は、メタボリックでない人に比べて2~3倍高くなります。内臓の周りに脂肪がかたまる内臓脂肪症候群になると、動脈硬化や糖尿病になる可能性も高くなります。

メタボリックシンドロームの診断基準は?

メタボリックシンドロームの診断基準は、男性の場合ウエストが85cm以上、女性の場合90cm以上となります。この根拠は内臓脂肪の面積が100平方センチ以上になっている目安です。もう一つの判断基準としてはBMI(25以上)が基準以上で以下の項目のうち2つ以上が当てはまる場合です。

  • 中性脂肪(トリグリセライド)150mg/dl以上かつ/またはHDLコレステロール(善玉コレステロール)40mg/dl未満、
  • 収縮期血圧(上の血圧)130mmHg以上かつ/または拡張期血圧(下の血圧)85mmHg以上
  • 空腹時血糖110mg/dl以上

 - ダイエット